IOTA [アイオタ] MIOTA

MIOTA/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

MIOTA 基礎情報

IOTA(アイオータ)はブロックチェーンの代わりに有向非周期グラフ(DAG)を使用する分散型台帳です。採用されているプロトコルTangleは、高速なトランザクション、手数料ゼロといった、IoT(モノのインターネット)分野での採用に必要な性能を提供します。すべてのデバイスがリアルタイムで検証され、正しいデータを扱える世の中を創ることを目指しています。

MIOTA関連ニュース

08/11 (火)
仮想通貨IOTA、ネットワーク1.5へ 「Chrysalis」来週中にもメインネット・ローンチ
IOTAが来週中にメインネット上でChrysalis(IOTA 1.5)の第1フェーズを開始する予定であることが判明。IOTA 2.0への移行をスムーズに行うための中間段階に位置付けられる。
08/06 (木)
バイナンスに新たな法定通貨ペア、XRP/AUDや韓国ウォンのステーブルコインなど
仮想通貨取引所バイナンスが複数銘柄アルトコインの法定通貨取引ペアの追加を発表した。XRPやBNBも対象となる。
06/22 (月)
新型コロナ危機で加速するブロックチェーン開発:感染状況把握から脱ハンコまで
新型コロナ危機に対応する解決策としてブロックチェーンの活用が加速している。健康状態や感染状況の管理から新しい生活様式に対応するものまで様々な事例がある。
06/22 (月)
仮想通貨の個別銘柄、日本と世界で関心度に大きな温度差─ビットコイン・イーサリアム・XRP(リップル)の現在
国別の関心度データを分析したBlockchaincenter.netの「Cryptocurrency World Map」を元に、世界の仮想通貨関心度を読み解く。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)の関心度は、国別に異なる?
06/10 (水)
仮想通貨IOTAで新ノードソフトウェア「Hornet」発表、非中央集権ネットワーク補完へ
仮想通貨IOTAが新ノードソフト「Hornet 0.4.0」を発表。新機能が追加され、本来欠如していた非中央集権的ネットワークが補完される。
02/14 (金)
激しく攻防するビットコイン(BTC)、Ripple社上場思惑などXRP上昇要因に3つの材料|仮想通貨市場
仮想通貨市場ではBitMEXの無期限先物「XRP/USD」でフラッシュクラッシュが発生するも、リップル現物は抵抗帯を上放れ堅調に推移、直近材料が後押しした。一方、ビットコイン(BTC)は近年稀に見る乱高下を見せる。
12/26 (木)
バイナンス米国、ベータ版アンドロイドアプリ公開 スマホの仮想通貨サービスを拡大
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はアンドロイドアプリのベータ版も公開。 先日リリースしたiOS版アプリと合わせて98%の米スマホ市場をターゲットに。
12/19 (木)
バイナンス米国、アップルユーザーへ仮想通貨サービス展開へ iOSベータ版公開
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はiOSアプリのベータ版を公開。米国でスマホ利用者の45%を占めるiphoneユーザーへの導入で、サービス普及への足がかりに。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
03/08 (金)
世界最大規模の投資アプリeToro、米国でビットコインなどの仮想通貨取引を提供開始|証券投資家へのリーチ拡大へ
世界最大級のソーシャルトレード投資プラットフォームeToroは米時間7日、米国32州においてビットコインやイーサリアム、XRPなど、主要13仮想通貨銘柄の取引提供を開始することを発表した。
01/28 (月)
第9回 『国際ブロックチェーン格付け』ビットコインが3ランクアップ、リップルは3ヶ月続落
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関連する第9回「パブリックチェーン技術評価」を公表。BTCが3ランクアップして15位になったほか、Rippleチェーンは、3ヶ月前に付けた最高順位7位から20位まで下落した。
12/09 (日)
Huobi仮想通貨ビッグデータ研究レポート: 1000BTC以上の「大口取引」が大幅上昇(11月21日〜11月28日)
世界有数のHuobi研究所提供。ビットコイン価格が底値割れした翌週のデータでは、10,000BTC以上の超大口取引が2件、1,000BTC以上の大口取引は10月末の262件から1051件と約4倍に大幅上昇している。
11/13 (火)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (11/13)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
11/10 (土)
Huobiレポート(10月24日~10月31日):NLP分析で仮想通貨BTC、ETHとMoneroが浮上
Huobi提供、貴重なマーケットデータを独占公開。NLP分析によると、仮想通貨BTC、ETHとMoneroが浮上。EOSが103%も上昇した。
11/02 (金)
Weiss Ratings仮想通貨格付け:リップル(XRP)が初の単独首位を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。XRPがワンランク格上げされ、全通貨中唯一のB評価を獲得。単独首位に躍り出た。XRPは中国行政機関の格付けでも順位を急伸させている。
10/31 (水)
第6回 『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)が15→7位に大幅ランクアップ
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関する第6回パブリックチェーン技術評価を公表した。最新ランキングでは、革新性で高評価を付けたリップル(XRP)が15位→7位まで順位を大きく伸ばしている。
10/30 (火)
世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に
仮想通貨取引所バイナンスの独自ERC20トークンであるバイナンスコインが大手SNSトレードプラットフォーム、eToroに上場する事が発表され、初の法定通貨との取引ペア実現となった。
10/30 (火)
欧州最大級取引所Bitstampを韓国の投資会社NXMHが買収|大手企業の仮想通貨企業買収相次ぐ
EU最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所Bitstampの80%株式が、韓国系の投資会社NXMHによって取得された。今後も大手企業が取引所を買収し、市場における地位を確立することが主流となるだろう。
10/03 (水)
「Sell the fact」に伴うXRP(リップル)下落にビットコイン価格が追従、下げ渋りから微反発|仮想通貨市況
市場関心度の高いSWELLが閉幕。XRPからの連鎖反応でBTCなども値崩れを起こし、仮想通貨市場はほぼ全面安に。急落したBTCチャートでは三尊形成も予想されたが、現在は下げ渋っている。