Stellar [ステラ] XLM

11/16 (金)
ハッシュ戦争の影響でPoW通貨への懸念拡大、見直されるリップル(XRP)とステラの魅力|仮想通貨市況
BTC価格は2018年死守し続けてきた約65万円の最終防衛ラインをついにブレイクした事で、サポレジ転換。ハードフォーク前後は、BTCやBCHを中心に売り圧力が強まったが、PoW通貨の避難先としてリップル(XRP)とステラ(XLM)が相対的強さを発揮した。
11/09 (金)
Weiss Ratings仮想通貨格付け|XRPが高評価に上方修正され、ビットコインが低評価に留まる理由
今月1日にも新たな仮想通貨格付けを公表したWeiss Ratings社は、独自のランキングを4つの側面から算出していると公表。ビットコインがなぜC+評価なのか、なぜ仮想通貨でA評価が未だに無いかの解説も掲載。
11/07 (水)
ビットコインやリップルなど仮想通貨全体の取引高急上昇、主要アルト全面高でトレンド転換の兆候も
直近3日間で仮想通貨市場の取引高が大幅上昇、BCH(ビットコインキャッシュ)を皮切りに主要アルトが循環物色され、XRP(リップル)の取引高も2倍を記録したほか、BTC(ビットコイン)取引高も前週比+40%以上の増加を見せている。
11/06 (火)
英Finderが仮想通貨価格予想11月版を公表|XRP(リップル)は2019年末までに327%上昇と大幅上方修正
英比較サイトがフィンテック専門家10名による、主要仮想通貨の最新価格予想を発表した。2019年末までのXRP価格予想では、約82円→約215円に大幅上方修正された。
11/02 (金)
Weiss Ratings仮想通貨格付け:リップル(XRP)が初の単独首位を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。XRPがワンランク格上げされ、全通貨中唯一のB評価を獲得。単独首位に躍り出た。XRPは中国行政機関の格付けでも順位を急伸させている。
11/01 (木)
仮想通貨投資会社「次の強気相場でアルトコインは最大のポテンシャルを秘めている」
New Wave CapitalのCEOを務めるCampbell氏は、現在の弱気相場ではビットコイン一強となっているが、今後の強気相場ではアルトコイン、特に、仮想通貨に係わりのある人でも知らないような時価総額の低いアルトコインが大きく上昇すると予想した。
10/31 (水)
第6回 『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)が15→7位に大幅ランクアップ
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関する第6回パブリックチェーン技術評価を公表した。最新ランキングでは、革新性で高評価を付けたリップル(XRP)が15位→7位まで順位を大きく伸ばしている。
10/30 (火)
世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に
仮想通貨取引所バイナンスの独自ERC20トークンであるバイナンスコインが大手SNSトレードプラットフォーム、eToroに上場する事が発表され、初の法定通貨との取引ペア実現となった。
10/30 (火)
欧州最大級取引所Bitstampを韓国の投資会社NXMHが買収|大手企業の仮想通貨企業買収相次ぐ
EU最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所Bitstampの80%株式が、韓国系の投資会社NXMHによって取得された。今後も大手企業が取引所を買収し、市場における地位を確立することが主流となるだろう。
09/25 (火)
Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視
ビットコインが安定を見せ、投資家が楽観視する一方で、CBOE主催The Options InstituteのKevin Davitt氏は、ビットコイン及び仮想通貨市場は、このような持ち直しの後は必ず当年最低値へ大幅下落してきたと警告する。
09/24 (月)
仮想通貨市場のセンチメントは肯定的見方が増加か:仮想通貨感情分析
仮想通貨投資の場合、従来の投資判断の指標として使われるファンダメンタルズ及びテクニカル分析に加え、それ以上に価格動向への影響を読むために重要視されるのが、市場の感情分析だと言われており、当記事ではインターネット上で無料で利用できるツールによってビットコインやアルトコインの感情分析を行っております。
09/24 (月)
ユニセフが人道支援活動への寄付に仮想通貨を受付開始
ユニセフのフランス事務局は、今回9つの仮想通貨による寄付を受付開始した。寄付支援者は直接的に仮想通貨を寄付できるほか、自身のPCが持つコンピューティング能力をマイニングに貸し出すことで間接的な寄付を行うことも可能。
09/23 (日)
第5回『国際ブロックチェーン格付け』イーサリアムは2位、リップル(XRP)は15位、ビットコインは16位
第5回「国際パブリックチェーンランキング」 中国の行政機関は今年5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を…
09/21 (金)
仮想通貨投資アプリCircleが新たにクアンタム、ステラを含む4通貨の取扱追加
Circle Investが新たに4つの通貨、Qtum(QTUM)、0x(ZRX)、Stellar(XLM)、EOS(EOS)を追加すると発表した。今回の通貨は、今後の仮想通貨市場のエコシステム拡大にあたって、強力なインフラとなりうるものを選んだという。
09/20 (木)
老舗格付けサイト「お買い得の仮想通貨」にXRP(リップル)など4銘柄を挙げる
格付け会社Weiss Ratingsは、フィボナッチ指標からリップル(XRP)など4銘柄をトップ通貨として推奨。ポテンシャルを持つ通貨として、Stellar、EOS、XRPなど5通貨も名指しした。
09/11 (火)
5分で読める:海外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/11)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
08/31 (金)
今後5年間の仮想通貨勢力図|ICOコンサルがビットコインなどの成長率を示す研究結果を発表
米NYのICOコンサルタント企業が研究結果を公表。5年後のビットコイン価格は1,000万円に達する反面、ビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)は大幅に価値を毀損するとした。
08/28 (火)
4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選
仮想通貨市場が落ち込んでいる中、有識者であるQuittem氏が、今後生き残っていくアルトコインを様々な側面から考慮し、予想。ネオ、モネロ、ステラ、ライトコインなどが名を連ねた。
08/24 (金)
Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。多くの通貨が格下げされる中、リップル(XRP)が初の最高評価を獲得。同率1位には、イオス(EOS)とエイダ(ADA)が名を連ねている。
08/20 (月)
中国が第4回「ブロックチェーン格付け」を発表 | 仮想通貨ビットコインは16位から大幅躍進
中国の行政機関は5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を呼んだ。最新ランキングの総合評価では、EOSが3ヶ月連続の1位に。ICOプラットフォームの機能も備わるKomodo(KMD)が前回の10位から3位に。BTCは前回の16位から10位に上昇した。