ステラ(XLM)|投資情報・リアルタイム価格チャート

10/04 (金)
英コインベース、XRP・XLMなどアルトコイン5銘柄に対応 規制基準の明確化が理由か
Coinbase UKは、XRP・XLM・BAT・ZRX・REPの対応を開始、取引・売買・入出金が可能に。有価証券関連など、規制基準がクリアになったことが理由になった可能性もある
10/01 (火)
仮想通貨の有価証券性を数値化 米コインベースら、BTC・ETH・XRP含む20銘柄対象のシステムを開発
コインベースなどの大手仮想通貨関連企業は、銘柄の有価証券性を評価する独立のシステムを発表。取引所上場を検討する判断をサポートする。
09/24 (火)
米国版バイナンス、新たに5通貨を上場  25日に取引開始に
取引所「Binance.US」が、新たに5銘柄の入金の受付を開始。9月25日の取引サービス開始時には、計「12通貨」を提供し、7銘柄が取引可能に。
08/21 (水)
オーストリアの大手通信事業者A1、7店舗で仮想通貨決済を導入
530万人以上のモバイルユーザーを有するオーストリアの通信プロバイダのA1テレコムが、仮想通貨による決済導入を発表した。7つの店舗で仮想通貨決済が出来るようになる。
08/01 (木)
中国・仮想通貨格付け最新版(第13回)を公開、TOP5に変動も
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所が、仮想通貨に関連する第13回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインが今回もランクアップした他、イーサリアムがランクアップするなどTOP5に変動が見られた。
05/27 (月)
中国仮想通貨格付け最新版(第12回)を公開 ビットコインやLiskなどがランクアップ
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は、仮想通貨に関連する第12回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインやビットコインキャッシュなどの通貨基準が大きく見直されたほか、XRP(リップル)も2月連続で順位を更新。これまで中国系のプロジェクトまたは中国で人気があるプロジェクトが上位にあったランキングにも変化が見られ始めている。
05/18 (土)
クイズ正解で仮想通貨獲得、コインベースの教育プログラムが100か国以上で利用可能に
米仮想通貨取引所コインベースの教育プログラム「Coinbase Earn」の利用可能地域が100ヵ国以上へと拡大。仮想通貨に関するクイズに正解することで、仮想通貨が稼げる仕組みとなっている。
05/09 (木)
出来高水増しが少ない仮想通貨、トップにBNBとXRP|ブロックチェーン調査企業が公表
ブロックチェーン調査企業「Blockchain Transparency Institute」がウォッシュトレードに関するレポートを公表。時価総額トップ10のうち、出来高を不正に水増ししていた割合が少なかった通貨は上位から順に、BNB、XRPと続いた。
04/17 (水)
ブロックチェーン導入企業のランキングをForbesが公開 リップル社やCoinbaseなど仮想通貨関連企業もランク入り
ブロックチェーンを活用していて企業年収または企業価値が10億ドル(約1120億円)を超えている上位50の企業のランキングがForbesで公開された。仮想通貨業界からはリップル社やコインベースなどがリスト入りした。
04/09 (火)
米デジタル資産分析企業BlockTrade、仮想通貨ETH、XRP、XLMを含む通貨ペアの価格指標をアップデート
デジタル資産データ分析企業BlockTradeが、四半期毎の調査の結果として、いくつかの仮想通貨ペアの価格指標のアップデートを公表。今回アップデートの対象となるのは、ETC、ETH、XLM、XRPを含む通貨ペアとなる。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/26 (火)
海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。
03/19 (火)
西仮想通貨企業、欧州でビットコインやXRP(リップル)での仮想通貨決済サービスを開始
スペインの仮想通貨企業2gether社が主要仮想通貨での決済を可能にするデビットカードのローンチを発表した。ビットコインやXRP(リップル)などが欧州で利用可能となる。
03/14 (木)
【速報】米Coinbase、ステラ(XLM)の上場を発表|発表で3月の高値を更新
米Coinbaseは日本時間14日、新たな取り扱い通貨として、時価総額8位に位置するステラ(XLM)のCoinbaseProへの上場を発表した。同発表によりXLMの価格は3月の高値を更新した。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
03/08 (金)
世界最大規模の投資アプリeToro、米国でビットコインなどの仮想通貨取引を提供開始|証券投資家へのリーチ拡大へ
世界最大級のソーシャルトレード投資プラットフォームeToroは米時間7日、米国32州においてビットコインやイーサリアム、XRPなど、主要13仮想通貨銘柄の取引提供を開始することを発表した。
02/27 (水)
第10回『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨ビットコインは2ランク上昇、リップル(XRP)は20位を維持
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は26日、仮想通貨に関連する第10回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインは2ランクアップして13位に浮上した一方、リップルは20位の座を維持、トロンは初登場2位にランクインした。
02/09 (土)
英finder3月初旬の仮想通貨価格予想|ビットコインやリップル(XRP)の短期的な上昇やBNB予想に注目
英国の比較サイトfinder.comが、専門家10人による2月度の仮想通貨価格予想を発表した。ビットコインやイーサリアム、BNBといった主要13銘柄においては3月1日までには小幅の上昇を予想しており、年末までに全体的に大幅の上昇を見せると予測。
01/28 (月)
第9回 『国際ブロックチェーン格付け』ビットコインが3ランクアップ、リップルは3ヶ月続落
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関連する第9回「パブリックチェーン技術評価」を公表。BTCが3ランクアップして15位になったほか、Rippleチェーンは、3ヶ月前に付けた最高順位7位から20位まで下落した。
01/09 (水)
英Finderが今年初の仮想通貨相場見通しを発表|ビットコインやリップル(XRP)は短期下落も長期的には上昇を予想
英国の比較サイトFinder.comが1月度の仮想通貨価格予想を公開した。ビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)等の主要11銘柄においては2月1日までには大方下落を予想する結果となったものの、年末までには全面的に上昇が予測されている。