アルトコインとBTCで資金を運用 米投資企業が新サービスをローンチ

仮想通貨のバスケットでアクティブ運用

米投資企業Titanは11日、米国の投資家を対象に暗号資産(仮想通貨)投資サービス「Titan Crypto」を正式にローンチしたことを発表した。

Titan Cryptoは、専門的な知識や経験を持ったTitanのチームが、投資家の資金を運用してくれるサービスで、同社のアプリから利用することが可能。長期的に利益を獲得できることを目指し、5から10種類の仮想通貨をバスケット型で運用する仕組みだという。

2018年設立のTitanは、モバイル機器で投資できることを重視したサービスを一般投資家に提供している企業。公式ウェブサイトによると、運用資産は6億ドル(約660億円)超で、顧客の数は3万以上だという。今までは15から25種類の株式に投資を行う「Titan Flagship」などのサービスを提供していたが、新たに仮想通貨を対象にしたサービスを開始した。

同社の共同創設者Clay Gardner氏は、仮想通貨やブロックチェーンの普及は急速に拡大しており、この傾向は長期的に継続すると見ている。一方でTitanは、仮想通貨やブロックチェーンは、理解や投資をするには難しい技術であると主張。この参入障壁を取り除くためのサービスが、今回のTitan Cryptoだという。

Titan Cryptoは、Titanのチームがアクティブ運用する。Gardner氏は仮想通貨メディアCoinDeskに対し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、カルダノ(ADA)、ステラ(XLM)を含んだバスケットで運用すると説明。また今回のプレスリリースでは、「仮想通貨がポートフォリオに組み入れる価値のある資産かどうかではなく、その割合が重要である」と主張した。

アクティブ運用

アクティブ運用とは一般的に、目安となる指数を上回る成績を目指す運用スタイルのこと。指数と同様の投資成果を目指す運用は「パッシブ運用」と呼ばれる。

▶️仮想通貨用語集

バスケットを構成する銘柄は、価格変動や利益、リスクなどに基づいて、規則的に再編成されていくという。Gardner氏は、今後はDeFi(分散型金融)の銘柄を取り扱ったり、ステーキングや貸付などのサービスも取り入れていきたいとしている。

Titanは先月、米大手ベンチャーキャピタル「a16z」のAnish Acharya氏が主導した投資ラウンドで、5,800万ドル(約64億円)の資金調達に成功。このシリーズBの投資ラウンドには、俳優としても有名なウィル・スミス氏らの著名人も参加した。これまで調達した資金は、Titan Cryptoなどの投資サービスやチームの強化等に当てるとしている。

なお、今回のサービスはニューヨーク州の投資家だけは対象になっていない。現在はパートナーとなるカストディアンが、ニューヨーク州で仮想通貨サービスを行う認可を申請中だという。どこの企業かは明確にしていないが、そのカストディアンが認可を取得できれば、ニューヨーク州の顧客もTitan Cryptoを利用できるようになるとした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します