ステラ(XLM)|投資情報・リアルタイム価格チャート

09/20 (木)
老舗格付けサイト「お買い得の仮想通貨」にXRP(リップル)など4銘柄を挙げる
格付け会社Weiss Ratingsは、フィボナッチ指標からリップル(XRP)など4銘柄をトップ通貨として推奨。ポテンシャルを持つ通貨として、Stellar、EOS、XRPなど5通貨も名指しした。
09/11 (火)
5分で読める:海外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/11)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
08/31 (金)
今後5年間の仮想通貨勢力図|ICOコンサルがビットコインなどの成長率を示す研究結果を発表
米NYのICOコンサルタント企業が研究結果を公表。5年後のビットコイン価格は1,000万円に達する反面、ビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)は大幅に価値を毀損するとした。
08/28 (火)
4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選
仮想通貨市場が落ち込んでいる中、有識者であるQuittem氏が、今後生き残っていくアルトコインを様々な側面から考慮し、予想。ネオ、モネロ、ステラ、ライトコインなどが名を連ねた。
08/24 (金)
Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。多くの通貨が格下げされる中、リップル(XRP)が初の最高評価を獲得。同率1位には、イオス(EOS)とエイダ(ADA)が名を連ねている。
08/20 (月)
中国が第4回「ブロックチェーン格付け」を発表 | 仮想通貨ビットコインは16位から大幅躍進
中国の行政機関は5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を呼んだ。最新ランキングの総合評価では、EOSが3ヶ月連続の1位に。ICOプラットフォームの機能も備わるKomodo(KMD)が前回の10位から3位に。BTCは前回の16位から10位に上昇した。
08/15 (水)
リップルをベースに開発されたステラ(XLM)が仮想通貨時価総額ランキング5位に浮上:イオス(EOS)を上回る
仮想通貨のリップルをベースに開発されたステラ(XLM)がイオス(EOS)を抜かし、仮想通貨時価総額ランキング5位に浮上した。IT界の巨人、IBMとの業務提携などが材料視されている。
08/13 (月)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (8/13)
毎日配信中の夕刊コインポストを、忙しい投資家でも読みやすいよう一部リニューアル。 CoinPost編集部による「重要度」評価付きなので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
08/10 (金)
Stellar (XLM):60の仮想通貨取引所クライアントを持つShift Marketsとの提携発表
Shift Markets(以下SM社)とは、仮想通貨取引所とブローカーを開設するターン・キー方式を提供する、既に60ものクライアント(仮想通貨取引所)を持つ市場プラットフォームだ。
07/25 (水)
米資産運用会社が、アルトコインを含む主要10通貨で組成した「仮想通貨ETF」をSECに申請
米資産運用会社ビットワイズが、仮想通貨市場の80%のシェアを占める時価総額上位の主要通貨で組成した「HOLD10仮想通貨インデックスETF」をSECに申請した。ポートフォリオは、毎月リバランスされる。
07/18 (水)
重要点の7,000ドルラインを突破するなど全面高・ステラの勢い止まらず|仮想通貨市況
仮想通貨市場 仮想通貨市場は、深夜3時前から急騰。重要点とされていた7,000ドルラインを突破するなど、2日連続の全面高に。USDペッグ仮想通貨にステラブロックチェーンが利用さ…
07/15 (日)
米最大手取引所CoinbaseがADAなど5通貨を追加検討|直後に通貨価格上昇
Coinbaseは新たにADA、BAT、XLM、ZEC、ZRXを新たに追加する方針を発表しました。市場の規制が厳しくなる中で、Coinbaseが新たに通貨を上場させるべく、金融機関との調整を進める方針を示したことを、市場はポジティブに受け止めています。
07/06 (金)
夕刊CoinPost|7月6日の重要ニュースと仮想通貨情報
7月6日の重要ニュース:学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。エアドロップ情報を下に掲載しています。
06/25 (月)
中国が第2回「ブロックチェーン格付けTOP30」を発表|総合評価1位はEOS、ビットコインは17位
中国の行政機関及び専門家が、世界中の仮想通貨パブリックブロックチェーンを技術的に評価する第2回「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表。新ランキングTOP30の総合評価では、EOSが1位になった。
06/15 (金)
米NY金融サービス局がBCH・ETH・LTC・XLMを許可登録|itBitが取引開始
アメリカの仮想通貨取引所「itBit」は14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受け、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)の取り扱いを新たに開始することを発表した。
06/11 (月)
タイが仮想通貨規制枠組みで基準を明文化|XLM、ETCの取引ペア新承認
タイの証券取引委員会(SEC)は6月8日、仮想通貨取引関連企業に対して、ライセンス料、手数料、登録資本金を策定。ICOに関する一般投資家向けの上限額を設けた上、トークン発行者に対して、最低1年間の関与を義務付けた。
05/17 (木)
中国政府:28種類の主要仮想通貨格付けを公表|1位ETH・13位BTC・16位XRP・最下位NEM
中国政府による28種類の主要仮想通貨格付けが公表されました。1位はイーサリアムで、ビットコインは13位、リップルは16位で、最下位はネムとなりました。
05/13 (日)
中国政府が28種類の仮想通貨に対する格付けを開始
中国政府が28種の仮想通貨の格付けを開始します。中国政府は最近ブロックチェーンの国家基準策定を発表もしています。
02/21 (水)
Krakenがアドバンスオーダーの再導入と通貨ペアを10種類追加
海外の大手仮想通貨取引所「クラーケン」が、アドバンスオーダーの再導入に加え、新たに10種類の通貨ペアを追加しました。上場廃止していた通貨ペアも存在しており、「ZCash(ジーキャッシュ)」と日本円の取引が可能になったことも話題を呼んでいます。