ブルームバーグターミナル、アルトコイン6銘柄の価格データを追加

ブルームバーグ端末にアルトコイン情報追加

米大手金融メディアブルームバーグが提供するリアルタイム配信ソリューション「ブルームバーグターミナル」が、6つの暗号資産(仮想通貨)銘柄の価格データを追加したことがわかった。

追加されたのは、OMG(OMG Network)、EOS、LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)、XLM(ステラルーメン)、およびOXT(Orchid)だ。これらの価格データ等情報は、老舗取引所クラーケン傘下の英企業CF Benchmarksから取得。CF Benchmarksは英FCA(金融行動監視機構)に規制されているという。

ブルームバーグターミナルは、多くの金融機関が利用するマーケットデータやニュース、独自のリサーチが集約されたプラットフォーム。2013年よりビットコインの価格データを提供開始。2017年にはイーサリアム(ETH)XRP(リップル)、ライトコイン(LTC)を追加、その後もETCやZcashなどのアルトコイン銘柄を相次いで加えていた。

CF BenchmarksのSui Chung CEOは仮想通貨メディアDecryptの取材で、新規データの提供について「ブルームバーグターミナルに更なるアルトコイン銘柄が追加されたことは、機関投資家がビットコインやイーサリアム以外の銘柄にも目を向け始めた証拠だろう」とコメントした。

著者:菊谷ルイス
参考:Decrypt

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します