仮想通貨取引所Phemex(フェメックス)、DOT、KUSAMA、XLM、ALGOの4銘柄を新規上場

4つの現物取引ペア上場を発表

暗号資産(仮想通貨)取引所のPhemex(フェメックス)は23日、Polkadot (DOT)、Kusama (KSM)、Stellar (XLM)、Algorand (ALGO)の4通貨が新規上場したことを発表した。

すでに先物取引では提供されていたが、今回は現物(スポット)取引ペアとしての上場となる。

また、取引ペアは何れも米ドルステーブルコインのUSDTとのペアとなっている。

先物取引

先物取引とは、未来の売買についてある価格での取引を保証するもの。暗号資産市場では無期限の先物契約が大きな取引量を持っている。

▶️仮想通貨用語集

Polkadotは、ブロックチェーン間のインターオペラビリティを可能にするプロジェクトで、DOTはネットワークのネイティブトークン。21年6月には、国内大手取引所bitFlyerに上場して反響を呼んだ。

また、KusamaはそのPolkadotのカナリアネットワークで、実験的な開発環境をPolkadotコミュニティに提供してきた。

Stellar(XLM)は、個人間送金向けのプロジェクトであり、Algorandは高速処理を特徴とする独自のブロックチェーンプロジェクトとして知られるなど、いずれも有望なプロジェクトとして関心を集めている。

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します