CoinPostで今最も読まれています

国際決済銀行 仮想通貨銘柄別で投資家の教育・収入レベルなどを分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BISが仮想通貨投資を分析

国際決済銀行(BIS)の研究者は7月1日、米国の仮想通貨投資傾向を分析したレポートを発表。仮想通貨は「ニッチでデジタルな投機対象」で、明確な規制が望ましいという。

また新規投資家の流入や投資家の教育・収入レベルについても分析した。

BISとは

BIS(国際決済銀行)は、スイスのバーゼルに本部を置く、62ヵ国・地域の中央銀行をメンバーとする組織。中央銀行間の協力促進のための場を提供しているほか、中央銀行からの預金の受入れ等の銀行業務も行っている。(日銀引用

▶️仮想通貨用語集

今回の分析は、アトランタ連邦準備銀行が提供する、米国消費者の支払い行動に関するデータを使用しており、特に2019年に合計3,372人を対象として行われた意識調査が主な参照対象だ。

主要な議論として、「仮想通貨投資は法定通貨や規制された金融への不信によって動機付けられている」という仮説への反論を展開した。

レポートによると、仮想通貨投資家は法定通貨に抵抗するよりも、むしろ昔ながらの投機に惹かれているという。そこで、仮想通貨も他の資産と同様に規制することが適当だとして、次のように論じている。

政策の観点からみると、私たちの分析のポイントは、仮想通貨投資家の目的は他の資産における投資家の目的と同じであるため、規制も同様のものであるべきということだ。

仮想通貨は、法定通貨や規制された金融セクターの代替として求められているわけではない。むしろ、ニッチでデジタルな投機対象として需要がある。

また、規制に関する発表は、仮想通貨の価格や取引量に強い影響を与えており、規制や監督の枠組みを明確にすることは、業界にとって有益であるとも説明した。

新規投資家の流入

新規投資家の流入に関連しては、仮想通貨に関する知識は一般に広まっているものの、実際に所有している人々の割合は限られていると指摘。

2014年には、いずれかの銘柄の仮想通貨の存在を知っていた米国市民は約40%に過ぎなかったが、2019年には70%近くまで増加した。しかし認知度が高まる一方で、2019年時点で少なくとも1つの仮想通貨を所有していたのは、米国人口の1.4%だけだったと説明している。

また、仮想通貨通貨取引所バイナンスやコインベースの、新規Twitterフォロワー数の推移を挙げた。こうしたアカウントをフォローすると将来的に投資する可能性が高くなると想定する形だ。

出典:BIS

ビットコイン(BTC)価格が続伸を始めた2020年末より、仮想通貨取引所の新しいフォロワーも増加傾向となった。ただし、2017年の第4四半期や2018年の第1四半期ほどの勢いはなかったという。

学歴や収入との関連

教育や収入の面では、仮想通貨投資家の特徴として、一般的に平均よりも学歴や収入レベルが高いことが示されたという。その中では、リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の所有者が最も教育水準が高く、ライトコイン(LTC)の所有者は比較的に最も教育水準が低かったという。

また世帯収入については、リップル、イーサリアム、ステラ(XLM)の所有者が最も裕福である傾向も見られた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/22 金曜日
11:00
チューリンガムの親会社クシム、Zaif親会社と経営統合へ
Web3企業チューリンガムの親会社クシムは、カイカエクスチェンジホールディングスと経営統合することを取締役会で決議したと発表した。仮想通貨取引所Zaifの運営企業も連結対象となる予定。
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、本日は日銀政策決定会合|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。
16:56
コナミ初のweb3プロジェクト「ZIRCON」、東京ゲームショウで発表
コナミがweb3進出 国内ゲーム大手企業のコナミデジタルエンタテインメントは21日、「東京ゲームショウ2023(TGS2023)」のステージにおいて、ブロックチェーン技術を活用…
15:42
マウントゴックス弁済期限、2024年10月まで延長
2014年に経営破綻した仮想通貨取引所、マウントゴックスの債権者へのビットコインや現金による弁済の期限が、1年延長されることが確認された。弁済先情報が提供されている債権者に関しては、年内に弁済を開始する可能性もあるとしている。
14:44
「ゲソてん byGMO」ブロックチェーンゲームを統合へ
GMOメディア株式会社は、ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のレイヤー2であり、ゲームプラットフォームとして機能する「GESOTEN Verse(仮)」の開発を発表。従来のWeb2ゲームポータル「ゲソてん byGMO」とユーザー基盤を連携する。
14:26
米大統領選出馬のラマスワミ氏、新たな「仮想通貨政策の枠組み」を提案予定
米国大統領選の共和党候補ビベック・ラマスワミ氏は20日、仮想通貨リサーチ企業Messari主催のカンフェレンスに登壇し、感謝祭(11月23日)までに「包括的な仮想通貨政策の枠組み」をリリースすると発表。さらに現在の仮想通貨規制の状況を強く批判した。
14:00
CBDCによる監視社会に反対する法案、米下院金融委員会で承認
米下院金融委員会は、米国のCBDCデジタルドルが国民監視に使用されることを阻止する法案を承認した。この先、下院での審議に移る予定だ。
13:05
「IMX」国内初上場、コインチェックが3銘柄新規取り扱い
仮想通貨取引所Coincheckは、IMX(国内初)を含む3銘柄の新規上場を発表した。
12:28
アスター(ASTR)、韓国bithumbに新規上場
アスターネットワークのネイティブトークンであるASTRは韓国大手仮想通貨取引所bithumbに新規上場した。韓国の初上場だ。
11:12
Taurus、資産トークン化サービス拡張
スイスのフィンテック企業Taurusは、デジタル資産の保管とトークン化サービスを拡張し、許可型ブロックチェーンへのサポートを始めることを明らかにした。Hyperledger BESUやQuorumがサポートされ、イーサリアム等パブリックチェーンとの相互運用性も強化する。
10:55
米ウォルマートのメタバース体験、現実ショッピングと融合へ
米小売大手ウォルマートは現実世界とメタバースでのショッピング体験を結び付ける方法を探っている。ヒップホップをテーマとする仮想世界も構築した。
10:27
国内オプテージ、Web3ノード・ホスティングをトライアル提供
関西電力グループの情報通信企業オプテージがWeb3推進に向けて、金融機関向けのステーキングノードホスティングトライアルを開始した。オプテージはイーサリアムのステーキングノード構築と運用を提供し、金融機関は仮想通貨を所有せずにステーキングをテストできる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧