【速報】仮想通貨取引所コインベース、遂に日本サービス提供開始

コインベース、日本でローンチ

コインベース・グローバルの日本法人であるCoinbase株式会社は19日、大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースをローンチすることを発表。米国の大手仮想通貨取引所が遂に日本市場への参入が始動する形になった。

iOSやAndroidのアプリはすでにダウンロード配信を開始。以下の5銘柄の取引を開始している。

また、グローバル版のコインベースでも提供されているEarn(アーン)キャンペーンも開始。口座開設後、サイト上で仮想通貨に関する勉強を重ねると仮想通貨ステラ(XLM)を報酬としてアーン(受け取る)できるもので、今後は他銘柄も対応していく予定であると示唆した。

コインベースの日本でのローンチを記念して、コインベース株式会社は19日、記者発表会を開催。コインベースの日本参入における戦略や今後の展開、また日本における「重要パートナー」の発表も行われた。

コインベースとは

説明会では、Coinbase株式会社・日本法人の代表取締役社長、北澤 直氏が、サービスや今後の展開について解説した。

北澤氏は「世界の経済的自由を高める」をミッションに掲げており、暗号資産取引のグローバルスタンダードを目指すと説明。もっとも信頼され、もっとも使いやすい取引所を目指すと所感を語った。

世界中の法規制を遵守していく姿勢を示し、世界各国の規制当局と連携していると述べ、日本でも暗号資産交換業者として登録を完了している。

また、セキュリティー面でも創業以来、一度もハッキングがない点に触れ、世界中にセキュリティの専門家を配置し、24時間のセキュリティ体制を実現。Fortune500や世界の名だたる機関投資家でも資産を預けて安心できるプラットフォームを目指す。

クイック入金

また、本社である米Coinbase Inc.のブライアン・アームストロングCEOもビデオ出演し、日本パートナーとして大手銀行MUFGと提携することを発表した。

出典:コインベース

Coinbase株式会社は信頼と使いやすさを向上するため、三菱UFJ銀行との提携を発表。MUFJを決済パートナーとして迎え、クイック入金サービスを本日より提供することがわかった。

これにより、UFJ口座を持っている場合、取引所へのクイック入金サービスが利用可能となる。

日本進出の経緯

コインベースは2012年に設立された米国の大手仮想通貨取引所。21年4月には、仮想通貨系のユニコーン企業としては初めて、大手証券取引所ナスダックへの直接上場を完了した。

コインベースの日本法人であるCoinbase株式会社(関東財務局長第00028号)は20年3月、JVCEAの第二種会員として入会。

そして21年6月上旬、ついに暗号資産交換業者(第一種会員)としての登録を完了していた。

関連:Coinbaseなど3社、日本の仮想通貨交換業登録を完了

今後のサービス展開

また、取引所サービス以外でも、今後日本に合わせたサービスや商品の導入を順次行う方針があると北澤氏は説明。

現在、仮想通貨業界は取引から収益を得ることが主流である「投資フェーズ」にあると述べたものの、今後は仮想通貨の実利用が普及する「効用フェーズ」に進出すると展望した。

出典:コインベース

具体的な計画は明かさなかったものの、一例としては、コインベースコマースと呼ばれる小規模の決済サービスなどを挙げた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します