オーストラリア証券取引所:2020年目処にブロックチェーン技術実用化へ

ポストトレード処理に世界初のブロックチェーン導入例
オーストラリア証券取引所(ASX)は、従来のCHESS(証券取引を管理するコンピューターシステム)からブロックチェーン技術を取り入れた新しいシステムに移行する方針を、27日に発表された諮問書を通して明らかにしました。

ポストトレード処理に世界初のブロックチェーン導入例

オーストラリア証券取引所(以下ASX)は、従来のCHESS(証券取引を管理するコンピューターシステム)からブロックチェーン技術を取り入れた新しいシステムに移行する方針を、27日金曜日に発表された諮問書を通して明らかにしました。

ASXは2020年の後半から2021年の第1四半期までの導入を目標としていますが、諮問書というフォーマットでこの情報を公開したことにより早期のフィードバックを求めていることが伺えます。

諮問書には以下のような記載がなされています。

フィードバック次第で、今後どのような機能がついていつ頃に実装されるか等の情報を提供するロードマップを7月下旬に公開します。

今回ブロックチェーン導入が注目を浴びているオーストラリア証券取引所ですが、実は2015年からブロックチェーン技術に可能性と価値を見出していました。

また昨年12月にポストトレードの処理に取引所として世界で初めてブロックチェーン技術を導入する旨を発表していました。

この導入はASXが株主でもあり、元JPモーガンの幹部だったBlythe Masters氏が率いるブロックチェーン・スタートアップの『デジタルアセット』(Digital Asset)との提携を通して、デジタルアセットの技術を使用する予定です。

ASXのブロックチェーン技術に対するオープンな姿勢は特筆すべきもので、今回の決定は一年間の調査期間の後ようやく行われたものです。

今月中旬、ニューヨークで行われた『シンクロナイズカンファレンス』でCLSグループのCEOであるDavid Puth氏は、今回のASXの発表は多方面の業界にとって企業のブロックチェーン導入の『スタンダードを築く動きとなるでしょう』と述べました。

ASXの副CEOであるPeter Hiom氏は、一般企業のブロックチェーン技術に対する疑問を払拭する助けになる可能性も挙げ、『ブロックチェーン技術導入は避けるべきものではありません』と説明しました。

向上しつつあるブロックチェーン技術への見解

このところ、ASX以外の取引所でも仮想通貨への関心が湧いています。

最近では、NASDAQが独自の市場監視技術を仮想通貨取引所に提供していて、今後仮想通貨を取引することに対し肯定的だった事も話題になりました。

CoinPostの関連記事

ナスダックCEO:将来的に仮想通貨取引所としての参入を検討する
ナスダックのCEOを務めるAdena Friedman氏は、どの程度の時間がかかるかは不明ながら、仮想通貨の将来は確約されていると主張し、市場が充分に成熟したら仮想通貨取引所としての参入も検討すると語りました。

先週25日のCNBC番組内でNASDAQのCEOであるFriedman氏がインタビューに応じ、NASDAQではまだ仮想通貨自体は取引は行われていないものの、『デジタル通貨は今後も存続していく』と前向きな姿勢を示しました。

また規制の必要性も挙げ、今後もし規制が整い、需要があるようならばNASDAQでも仮想通貨取引が行われる可能性を示唆しました。

オーストラリア政府も仮想通貨という技術を肯定的に捉えています

同国は今月3日、日本や韓国と似た法律が実施されましたが、自主規制団体のADCA(オーストラリアデジタル通貨協会)会長のロレッタ・ジョセフ氏は

イノベーションに肯定的であるオーストラリア政府と規制当局は、ブロックチェーン技術の責任ある実用化を率いるリーダーになる可能性がある。

と述べました。

マルタ島やジブラルタル、バミューダなど各国が『ブロックチェーン・ヘヴン』(ブロックチェーンにとっての安息地)になろうと尽力しているなか、先進国であるオーストラリアが前向きに仮想通貨とブロックチェーン技術を捉えているのは興味深いことです。

DASHなど複数の大手仮想通貨企業の本拠地が置かれるオーストラリア ー  今後も仮想通貨に対する政府の動きが見逃せません。

Passion Images / Shutterstock.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加