仮想通貨市場に参入している機関投資家はいる| eToroのCEOが言及

複数の資産のブローカー業を行い、800万人以上のユーザーを抱えるeToroのCEOのYoni Assia氏は、NewsBTCとの独占インタビューで、すでに、仮想通貨市場に進出している機関投資家もいると述べた。

2018年の第2四半期に、大口投資家の資産を保護するためのコールドストレージ、保険、内部管理システムなどが備わったことで、保管業者や機関投資家向けのソリューションが誕生。

その結果、自身の資産をビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に配分する機関投資家が現れていると述べている。

さらに、同氏は、今後、さらに多くの機関投資家が仮想通貨市場に参入すると見込んでいる。

CoinPostの関連記事

eToro分析家、ビットコイン史上最大の上昇相場の可能性を示唆
ビットコイン価格はアルトコインを置き去りにした単独での上昇が目立ち、現時点で、約86万円で取引されている。eToroのシニア市場アナリストのGreenspan氏は、今回の相場に関して「過去最大の上昇相場の幕開けか」と言及し、注目を集めている。
今後10年で仮想通貨はメインストリームに、必要な6つの課題|英大学とeToro共同研究
世界トップレベルの大学インペリアル・カレッジ・ロンドンと証券、仮想通貨の取引プラットフォームを提供するeToroは共同で仮想通貨に関する報告書を発表。仮想通貨が今後10年間で商品やサービスの支払い手段として普及すると記述されています。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加