CoinPostで今最も読まれています

XRPレジャーのDeFi特化型ハッカソン、11月26日から渋谷で開催へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11/26、渋谷で開催

2023年11月26日(日)より、DeFi(分散型金融)特化型のハッカソン「DeFi Hackathon by XRPL」が開催される。主催はWeb3ハッカソンプラットフォームのAKINDOで、DeFi(分散型金融)開発に興味のあるすべてのエンジニアを対象とする。

開催場所は、東京渋谷のMAGNET by SHIBUYA 109。11月26日午後2時30分にキックオフし、デモデーは12月6日を予定する。

今回のハッカソンでは、XRPレジャー(XRPL)のコア機能を活用したDeFiプロダクトを開発した参加者に対して、計1万ドル(約150万円)の賞金が用意されており、審査はリップル社のEmi Yoshikawa氏、XRPL開発者のQ氏、暗号屋代表の紫竹佑騎氏、Ginco CTOの森下真敬氏などが行う。

金融システムに変革を起こす

今回のハッカソンは、米リップル社を含むコミュニティによって開発が行われているオープンソースの分散型台帳(分散型パブリックブロックチェーン)「XRP Ledger(XRPL)」の新規プロダクト開発を目的としたものだ。

リップル社は、グローバルな決済システムの開発を支援する米国のテクノロジー企業であり、世界中で価値の移動、管理、トークン化する方法を変革するエンタープライズ向けブロックチェーンと暗号資産ソリューションを提供する。

XRP Ledgerの成り立ちは、2011年に3人のエンジニア(David Schwartz氏、Jed McCaleb氏、Arthur Britto氏)が「より優れたビットコインをつくる」ことを目指し、新たなブロックチェーンのオープンソース開発をスタートしたことがきっかけだった。

翌年の2012年に同氏らは「従来の金融システムに変革を起こす」ためのブロックチェーンとして、XRPLをローンチする。このXRPLのネイティブ通貨がXRPである。その後、XRPLを活用したビジネスの推進を目的として、開発陣にChris Larsen氏が加わり、現在のリップル社が誕生した。

出典元:xrpl.org

XRP Ledger(XRPL)は、オープンソースかつ自由参加型(Permissionless型)で、パブリックブロックチェーンの開発者に強力なユーティリティ優れた実用性を提供。高速かつエネルギー効率に優れ、安全性が高いのが特徴だ。

XRPLはローンチ後、圧倒的な取引速度やコストの低さを強みとして支持を獲得してきた。10年以上にわたり、トークン化された資産の決済と流動性に最適なブロックチェーンとして世界のエンタープライズに利用されている。

一方、リップル社は2016年に国内大手SBIホールディングスとの合弁会社としてSBIリップルアジアを創業したほか、SBIレミットをはじめ様々な金融機関と業務提携を行い、事業拡大を続けてきた。

2023年10月31日時点で、XRPの時価総額は300億ドル(約4.5兆円)にのぼり、暗号資産(仮想通貨)全体の時価総額ではトップ5にランクインする。

何千もの取引を数秒で決済可能

XRPLの公式サイトによると、同ブロックチェーンでは何千もの取引を数秒で決済できることに加え、1取引あたり1ペニー(約1.5円)の数分の1しか手数料がかからない。

オープンソースで誰でも構築可能で、10年以上にわたりエラーを起こすことなく、コミュニティにより安定的に運用されてきたという。

アプリの数は1500以上

XRPLはそのコストの低さゆえ、様々な用途に利用することが可能。これまでXRPL上に開発されたアプリケーションや取引所の数は、1500以上にのぼる。

例えば、分散型取引所(DEX)のSologenic、NFTマーケットプレイスのXRP Cafe、ブラウザ拡張ウォレットのCrossmark、ブロックチェーンゲームのLedger City、XRPLエクスプローラーのBithompなどが挙げられる。

出典元:xrpl.org

今回ハッカソンを主催するAKINDOは、XRPLついて「コントラクト開発不要でアプリ開発ができる仕組みになっており、ブロックチェーン学習初心者にとってもわかりやすく、開発者フレンドリーかつ安全なアーキテクチャ」と話している。

1位の参加者には賞金60万円

「ハッカソン(Hackathon)」とは、ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせて造られた造語。エンジニアが集まってチームを作り、決められた期間内でアプリケーションやサービスを開発し、成果を競い合うイベントのことをいう。

今回のDeFi Hackathon by XRPLでは、コミュニティの結束を高めながら協力してXRPLのDeFiプロダクトの開発を目指す。

具体的には、DEX(分散型取引所) / AMM(自動マーケットメーカー)、決済、トークン化など、XRPLのコア機能を活用したプロダクトの開発に取り組む。1位の参加者には4000ドル(約60万円)、2位には2000ドル(約30万円)、3位には1000ドル(約15万円)の賞金が付与されるという。

また、XRPLメインネットと連携するEVMサイドチェーンのプロダクト開発も行う予定で、1500ドル(約23万円)の賞金が用意されている。

出典元:AKINDO

2023年最後の大型ハッカソン

DeFi Hackathon by XRPLを主催するAKINDOは、Web3開発者コミュニティの形成を支援するプラットフォームだ。

AKINDOは過去にも、500名以上の開発者がエントリーした日本最大のweb3ハッカソン「東京web3ハッカソン」を開催。さらに、BNB Chain・Astar・Flow・Slash・Fractonなど様々なプロジェクトのハッカソンを開催してきた。

AKINDOは今回のハッカソンについて「日本初となるDeFi特化型のHackathon」であり、同時に「2023年最後の大型Hackathon」と期待を寄せる。

さらに、XRPLについては「DeFi領域で大きな強みを持っていますので、この機会にブロックチェーンアプリケーションの中心領域であるDeFiの開発に挑戦をしてみましょう」と、多くのエンジニアへ参加を呼びかけている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア