CoinPostで今最も読まれています

トランプ政権、ブロックチェーン採用に強い関心を示す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トランプ政権がブロックチェーン技術採用に強い興味を示している
過去にもトランプ政権のトップらは強気な発言をし、ブロックチェーン技術の採用を何度も示唆しています。
経済面だけではなく、政府や医療関連局など広範囲での活躍に期待できる
方法はまだ明確ではありませんが分散型台帳技術を採用することによって、政府間の運営や様々な場面での迅速化やコスト削減につながることが期待されています。さらに複数の連邦局ではすでにブロックチェーンの試用が始まっています。
長期的にみると米国政府でさえブロックチェーンを採用出来る日は遠い
一部の政府関係者はブロックチェーンの可能性を前向きに見る一方、採用するまでの基盤がまだ整っていないと話します。逆に言えば、その基盤さえ整えば技術の採用は可能となります。将来、技術によって可能となる潜在的使用例に期待が高まります。

トランプ政権は米国政府運営を改善する可能性を秘めた技術として再びブロックチェーンへの関心を主張しました。

9/26に行われた政府機関におけるオープンデータ(誰でも自由に利用でき再配布できるデータ)の役割を模索する会議『Data Transparency 2017』では、二人のホワイトハウス政府高官ブロックチェーン技術は米国政策及び戦略考察に欠かせない技術であると強調しました。

AIブロックチェーンがあれば、ホワイトハウスは政府に役立つ広く前向きな才能を見つけることができる。』

行政管理予算局(略OMB)の連邦最高情報責任者(CIO)であるマーギー・グレイブス氏は会議で述べました。

連邦議会ブロックチェーン幹部会(Congressional Blockchain Caucus)共同設立者であるミック・ムルバニー氏によって率いられるOMBの代表であるグレイブス氏の発言は極めて重要です。

なぜならOMBはブロックチェーン技術を利用し市民への対応を改善し、また官僚制度を簡素化することが本意であり、さらに行政府の未来の様々な計画を遂行することに責任があるためです。

グレイブス氏は発言の中で、来月にブロックチェーン支援者であるドン・タプスコット氏と共に政府の利用事例について模索すると述べました。

グレイブス氏とムルバニー氏は分散型台帳技術であるブロックチェーンは‘潜在的な協力ツール’だと考えます。

特に、グレイブス氏はブロックチェーンを採用することによってデータの改ざんがほぼ不可能になり詐欺の減少や仲介をなくして取引が行えることで仲介手数料などの浪費の減少、またサイバーセキュリティの費用削減や強化につながると考えます。

『私たちはこのような有益な技術は常に視野に入れるべきです。私たちの顧客がこの技術を最後まで知らなかったり、技術を最後まで利用できないことは望んでいません。』

グレイブス氏は言います。

基盤作りが重要

ホワイトハウス大統領補佐官及び戦略イニシアティブ局長である、クリス・リデル氏もまた『政府は長期的な視野でデータ管理に取り組むべきだ』と強調します。

彼曰く、恐らく最も重要なことは現在のデータ基準の基盤作りであり、それを達成することにより米国政府は将来ブロックチェーンや様々な技術を利用できる体制になるそうです。

『未来に目を向けると、今日の改革が、将来の発展技術の採用を邪魔しないことを確実にさせたいのです。それがブロックチェーンであれ、AIであれ、もしくは全く予想もされていない新しい技術であれ、データ管理が標準化されれば、政府が技術の最先端を行くことを可能にするでしょう。』

リデル氏は言います。

リデル氏はさらに今年3月にトランプ大統領によって作られたホワイトハウスアメリカン・イノベーション局(OAI)にも努め、このような技術がどのように政府運営に役立つか提案をしなければなりません。

OAIは大統領娘婿であるジャレッド・クーシャー氏、大統領最高経済顧問であるゲリーコーン氏、他政府局・私営企業のリーダーを含むメンバーよって率いられます。

リデル氏は以前マイクロソフト社最高財務責任者インターナショナル・ペーパー社及びゼネラル・モーターズ社などの上級管理職に務めるなど豊富な経験を持ちます。

採用に勢いをつける米国政府

これらの意見は、政府内外でのブロックチェーン利用の可能性に対して政府関係者が発した強気な意見の中でも新しいものです。

以前CoinDeskが報道したように、連邦政府疫病管理センター及び連邦政府一般調達局を含む複数の米国政府局はブロックチェーンの試用を始めています。

トランプ政権がブロックチェーンに対して強気な姿勢を見せたのは今回が初めてではありません。

今年3月、マイク・ペンス副大統領のチーフエコノミストであるマーク・カラブリア氏はワシントンでの会議でトランプ政権がブロックチェーンに強い興味を持っていると発言し、すでに今後数年以内にこの技術を採用する可能性を示唆していたのです。

Trump White House Doubles Down on US Commitment to Blockchain

Sep 28, 2017 by Aaron Stanley

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

ブロックチェーン技術は私たちの社会を革新する技術です。すでに企業・銀行・不動産・保険など多くの事業で採用され始めています。

この技術を利用することでセキュリティ面向上・コスト削減などメリットが多くあります。最近では政府がブロックチェーンについて関心を持ち、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨の規制・禁止など発言をするようになりました。

しかし、ブロックチェーン=仮想通貨というわけではないため、ブロックチェーン自体を規制するという意味ではありません。

また、多くの事業が採用していることから、政府が利用するようになる将来も近いでしょう。様々な可能性を秘めたブロックチェーン技術は広がりを見せ、企業から政府と世界中で利用されるようになるでしょう。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア