CoinPostで今最も読まれています

マレーシアは2017年末までに仮想通貨規制を決定する

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マレーシアの仮想通貨に対する考えと規制
マレーシアは現状では仮想通貨に対して特に規制などはしていませんが、仮想通貨のリスクとそれに対する責任は自己責任としています。また、2017年以内に仮想通貨規制についての詳細をまとめる姿勢をみせています。

マレーシア中央銀行の総裁がビットコインについて中国を参考にしています。彼が述べている内容が多くの地域に広く行き渡って注目を浴びています。

東南アジアで4番目に大きい経済国家であるマレーシアは悪名高い財政保守主義と急進的な財政の変化を調和させようとしています。

マレーシア、地方財政力

Asian Institution of Finance(=AIF アジアにおける金融サービス業界全体の人材開発と管理を強化するための集合体) が第9回International Conference on Financial Crime and Terrorism Financing(=ICFTF 金融犯罪とテロ資金調達に関する国際会議)を今年マレーシアのクアラルンプールで開催しました。

AIFは国の中央銀行Bank Negara Malaysia (=BNM マレーシア国立銀行)及び規制機関Suruhanjaya Sekuriti Securities Commission Malaysia(マレーシア証券委員会)が共同で設立しこれらの元、促進の力を持っています。

ICFTFの基本方針は2016年にBNM総裁のTan Sri Muhammad bin Ibrahim (以下イブラヒム氏)によって決められました。

「平均6.5パーセントの成長率を50年間保てばオーストラリア及びフランスより優れることが可能です」

会議は「世界的及び規定的な期待を満たすために、現在そして新たな財政的犯罪の流行及び次世代の反財政的犯罪プロフェッショナルに期待されている発見と技術的可能性」を探究していると言われています。

BNMのイブラヒム氏に加え、ICFTFは今年US Department of Justice’s East Asia and Pacific Regional Legal Advisor for Cybercrime(米国司法省の東アジア太平洋地域のサイバー犯罪に関する法律顧問)のような世界的法律の執行団体による話をリストアップしました。本会議のスピーカーは主要銀行、国際ビジネス、及びサービスプロバイダが参加しました。

8月の会議のラインアップはマレーシアが世界の財政のステージにたどり着いた証拠です。平均6.5パーセントの成長率を50年間保てばそれは可能です。さらにオーストラリアとフランスを経済的に超えます。

外見は新しく見えるが、中身は古いまま

以前のビットコインについての公式公文書は軽蔑的できびきびしていました。

BNMは2014年に

「マレーシアではビットコインを適法な法貨という認識はされていません。中央銀行はビットコインの運営を規制していません。そのため人々はそのようなデジタル通貨を利用するときのリスクに気をつけるべきです」

と発表しました。

『ビットコイン、いいでしょう。ただ気をつけてください。我々はこれについてみなさんを支持しませんし、守りません』

これが国の公式のスタンスだと考えられます。

来るべきときを待っていなさい

イブラヒム氏は自分のICFTFについての意見をまとめ、すぐにリポーターに話しかけました。

この仮想通貨の禁止については年末までに決めます」と彼は言いました。

マレーシアの仮想通貨の受け入れは「データを集め、そして全てが明白であることを確かめること」を意味します。

報道には「ガイドラインにはマレーシアでのマネーロンダリング及びテロリズム資金援助と結びつけられるリスクについても述べます」と何度も繰り返されています。

「待っていてください。今はまだ10月です。3ヶ月以内には詳細を発表します」と彼は言いました。

ビットコイン熱狂者は待っています。

Malaysia’s Central Bank to Decide on Crypto Regulation at Year’s End

Oct. 9, 2017 by C. Edward Kelso

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

マレーシアの経済は大きく成長しています。その成長とともにブロックチェーンや仮想通貨市場も拡大しています。マレーシアはこれらの業界に積極的な活動をしています。

この仮想通貨市場には詐欺、資金洗浄、ハッキングによる被害などの危険があります。政府はこのような危険がある市場の規制はまだしていませんが、各国が規制や対応をしています。

マレーシア中央銀行の総裁も2017年以内に仮想通貨に対する規制をすることを発表しました。どのような規制がなされるのか注目です。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア