Bitcoin [ビットコイン] BTC

06/02 (火)
中国大手採掘業者Bitmain、ビットコイン採掘の廉価版マシン「T19」販売へ
中国大手マイニングマシンメーカーBitmainはビットコインの新マシンの「T19」をリリースした。トップマシン「S19」の収益性やハッシュレートとどう異なるか。
06/02 (火)
仮想通貨証拠金倍率と税制について音喜多議員が質疑 麻生大臣らは難色を示す
日本維新の会の音喜多駿議員は2日、参議院の財政金融委員会でビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の新たな規制について質疑を行なった。
06/02 (火)
ビットコイン大幅上昇の背景、直近のイーサリアム高騰でアルト市場復活の兆しも
仮想通貨市場ではビットコインが再び高騰し、一時10,429ドルを記録。2020年2月の年初来高値10,500ドルに迫る水準となった。長期レジスタンスラインを抜けており、アルト市場も活性化傾向に。短期的な調整を経てステージが変わる可能性も見えてきた。
06/02 (火)
速報 ビットコイン急伸、1万ドルを突破
2日の仮想通貨市場で、ビットコインが大台1万ドルに達した。ビットコインが1万ドル台で取引されたのは、半減期前の期待上げが観測された5月8日以来、約1ヶ月ぶり。
06/02 (火)
ビットコインマイナーの採算調整、先週の動向は
オンチェーンデータByteTreeによると、過去一週間で採掘業者(マイナー)のビットコイン動向で、送金量が新規採掘量を超えたことがわかった。このデータは、過去に採掘したBTCを新たに送金に回していることを示すもので、マイナーが資産の切り売りをしている可能性が指摘されている。
06/02 (火)
ビットコイン保有量:米Coinbaseが一位、日本の取引所は11・15位にランクイン=TheBlock調査
仮想通貨取引所に預けられている顧客のビットコイン(BTC)の量は、約308万BTC(3兆1700億円相当)であることが分かった。取引所別に見ると、1番保有量が多いのはコインベース。日本の取引所もランキングにランクインした。
06/01 (月)
音喜多議員、仮想通貨(ビットコイン)規制と税制について麻生大臣に質疑へ
6月2日11時半すぎからネット中継される「参議院財政金融委員会」にて、日本維新の会の音喜多駿議員が、金融庁と麻生大臣に仮想通貨(暗号資産)規制や税制面に関する質疑を行うことがわかった。
06/01 (月)
英国のロックダウン期間中、仮想通貨市場にもたらした影響
英国の大手金融アプリ「Revolute」が、同国のロックダウン期間中に仮想通貨市場に起きた変化を報告。3月中旬から4月末にかけてユーザー動向に大きな変動が見られた。
06/01 (月)
ビットコインハッシュレート急回復 難易度調整4日後に控える中
ビットコインネットワークのハッシュレートが急回復。半減期を境に80EH/s台まで下落していたハッシュレートが急回復、24時間比では8%高の116.3EH/sに達した。
06/01 (月)
ビットコイン市場、PlanB提唱のS2Fモデルで4年ぶりの「強気シグナル」点灯
仮想通貨ビットコインの相場推移を「ストック・フロー比率(S2F)」モデルで分析するアナリスト「PlanB」は、4年ぶりに強気サインを示すレッドシグナルが点灯したことを明かした。
05/31 (日)
プロが解説:ビットコインのオプション建玉から仮想通貨マーケットを読む
仮想通貨ビットコインの現物取引にも影響を与える「オプション取引」について、大手金融出身の証券アナリスト中島 翔氏が初心者にもわかりやすく解説。
05/31 (日)
コロナ後の経済再開期待で金融市場は上昇基調、日経が上昇率トップ・ビットコインも前週比プラスに|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース
今週(5/25~30)の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。コロナ終息との期待感からか、市場は全面的に上昇傾向に。ビットコインも週後半にかけ持ち直し、100万円を再び突破した。最新のマイニング機器であるビットメイン社のS19出荷が開始され、ハッシュレートにも注目が集まる。
05/31 (日)
ビットコインで確定拠出年金プラン、イーサリアム2.0ローンチパッド公開、リップル新サービス=1週間仮想通貨注目ニュース
今週(5/25~30)の仮想通貨関連のニュースをまとめて追っていく。インドでは仮想通貨取引所が資金調達を実施、水曜には仮想通貨の銀行口座禁止令をインド中銀が公式否定した。韓国では、所得税法改正案で仮想通貨が課税対象になる見込み、中国でも全人代で仮想通貨を相続財産に含める草案が審議された。
05/30 (土)
ビットコインコア開発の進捗状況が公開、BitMEX支援の開発者
ビットコインコア開発を行うMichael Fordが、ビットコインコア開発の進捗状況について記した文書を投稿。アップデートを行った機能などの詳細を伝えた。
05/30 (土)
大手CoinMarketCap、仮想通貨取引ペアのランキング基準を大幅に改修
コインマーケットキャップ(CMC)は、掲載する22,000以上の仮想通貨取引ペアについて、新しいランキングシステムを導入。従来使用されてきた取引高に加えて複数のデータを計算に使用する。
05/29 (金)
ビットコイン採掘最大手BitmainとF2Pool責任者が語る「半減期の影響と対応策」
仮想通貨ビットコインのマイニング中心地である中国四川省の成都市で、世界最大級のマイニングカンファレンス「採掘フォーラム」が開催中。BitmainやF2Poolの責任者が半減期後の「新時代」について展望を述べた。
05/29 (金)
ビットコイン高騰で100万円回復、デリバティブ指標では上昇余地も
仮想通貨市場では急騰するビットコインの影響でイーサリアムなどのアルトコイン市場も全面高に。デリバティブ市場におけるポジション動向や、日本時間30日に控えるCMEの先物限月も高い関心を集める。
05/29 (金)
新たなビットコインヘッジファンドが誕生 香港でクオンツ運用
香港証券先物委員会認可の資産運用企業MaiCapitalが、適合投資家を対象に、新たなアクティブ型のビットコインのヘッジファンドをローンチ。同社の仮想通貨関連のクオンツファンドはこれが2つ目となる。
05/29 (金)
改めて考えるビットコインETF承認の重要性 米SECコミッショナー=ブルームバーグ
米証券取引委員会(SEC)のコミッショナーHester Peirceが、ビットコインETFを承認することの波及効果について語った。取引所に上場することのメリットにも言及している。
05/28 (木)
サムスンのスマホから仮想通貨取引可能に Gemini提携で【米・加】
仮想通貨取引所を運営するGeminiがサムスンと提携、米国とカナダでサムスンの携帯機能を通じて、仮想通貨の取引を提供することがわかった。サムスンのブロックチェーンウォレットを搭載する携帯からGeminiの取引機能にアクセスできる仕組みを整える。