イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
11/15 (木)
NY州金融当局が新たなビットライセンス発行|ビットコイン、リップル(XRP)など主要仮想通貨のカストディサービス提供へ
米国時間14日、ニューヨーク州金融サービス局がNYDIG Execution LLCとその子会社にビットライセンスを認可した。これで発行されたビットライセンスは14となった。
CoinPost
11/12 (月)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (11/12)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
CoinPost
11/12 (月)
コインチェックで仮想通貨イーサリアム、ネム、リスクの入金・購入を再開
国内大手の仮想通貨取引所コインチェックは、11月12日より、ETH・XEM・LSKの取引を再開した。特にXEMとLSKは国内取り扱いが少ないことから、流動性が高まる可能性がある。残るは、XRPとFCTのみとなる。
CoinPost
11/10 (土)
Huobiレポート(10月24日~10月31日):NLP分析で仮想通貨BTC、ETHとMoneroが浮上
Huobi提供、貴重なマーケットデータを独占公開。NLP分析によると、仮想通貨BTC、ETHとMoneroが浮上。EOSが103%も上昇した。
CoinPost
11/07 (水)
仮想通貨有識国は新興国に多い傾向がアンケート調査で判明|ビットコインは変わらず根強い人気
仮想通貨関連サービス企業のLuno社が11ヶ国を対象に調査を行ったところ、南アフリカやインドネシアといった新興国で仮想通貨の高い保有率と有識度があることが判明した。
CoinPost
11/06 (火)
日韓市場が牽引したXRP(リップル)高騰相場、今後の注意点も考察|仮想通貨(ビットコイン)市況
11月6日の仮想通貨市場は、まさにXRPの日となった。一週間を通してアルトコインに買い戻しが見られるなど、投資家心理が緩和する状況が見られているが、その中でも一際目を引く高騰を見せた。今後の注意点を含め考察した。
CoinPost
11/06 (火)
仮想通貨ビットコインとイーサリアムの架け橋として注目のステーブルコイン「WBTC」|価値提案向上へ
1月から始動予定のWBTCについてKyber CEOは、イーサリアムネットワーク上でBTC価格に裏付けされ、BTCの流動性とETHスマートコントラクト機能を組み合わせた通貨だと表現。透明性をを強調した。
CoinPost
11/06 (火)
英Finderが仮想通貨価格予想11月版を公表|XRP(リップル)は2019年末までに327%上昇と大幅上方修正
英比較サイトがフィンテック専門家10名による、主要仮想通貨の最新価格予想を発表した。2019年末までのXRP価格予想では、約82円→約215円に大幅上方修正された。
CoinPost
11/02 (金)
Weiss Ratings仮想通貨格付け:リップル(XRP)が初の単独首位を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。XRPがワンランク格上げされ、全通貨中唯一のB評価を獲得。単独首位に躍り出た。XRPは中国行政機関の格付けでも順位を急伸させている。
CoinPost
11/02 (金)
米仮想通貨投資会社グレースケール:弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達
2018年の仮想通貨価格が低迷を続ける中、グレースケールの資金調達額が前年同期比13倍の370億円を記録した。調査書では機関投資家の動きなどから、強気市場へ転じるサインとしている。
CoinPost