ネム(XEM)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
12/04 (水)
GMOコイン、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラ)を販売所形式で取り扱い開始
仮想通貨取引所GMOコインは4日、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラルーメン)を販売所形式で取り扱い開始した。BTC、ETH、BCH、LTC、XRPに続き全6銘柄となる。
CoinPost
12/02 (月)
7000ドル台で乱高下するビットコイン(BTC)、bitFlyerでXRP取り扱い開始|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコイン(BTC)は先週末、最大640ドル幅転落する場面もあったが、2日明け方にかけて持ち直した。国内取引所ではbitFlyerがリップル(XRP)を新規通貨として取扱開始した。
CoinPost
11/30 (土)
仮想通貨NEMの「カタパルト」 新通貨の付与方式で委員会が支持表明
新ブロックチェーン「Catapult」の新通貨CATトークン(仮)の付与方式でマイグレーション委員会が、「オプトイン」を支持していることが判明。委員会が最新ブログで伝えた。
CoinPost
11/21 (木)
仮想通貨ネムの「カタパルト」 ブランディング委員会が初の進捗情報を配信
ネム財団のAlex Tinsman理事長は、「カタパルト」のブランディングについて、最新のアップデートを投稿した。ブランディングに関する初の進捗更新となる。
CoinPost
11/15 (金)
仮想通貨NEMの「カタパルト」 メインネットの予定日程を正式公開
仮想通貨NEM(XEM)に関連した新たなブロックチェーン「Catapult」のメインネットローンチ予定日が決定。ネムの「マイグレーション委員会」が15日に発表した。
CoinPost
11/12 (火)
仮想通貨カタパルトに関する最新案、今週木曜日に公開へ=ネム財団理事長
NEMネム財団のAlex Tinsman理事長は、新たなブロックチェーンCatapultのマイグレーションなどの進捗について情報を公開。木曜日にも新たなプロセス(最新案)を開示する予定だ。
CoinPost
11/07 (木)
コインチェック和田氏、仮想通貨ネムのカタパルト対応で前向きな言及
コインチェック株式会社で副社長執行役員を務める和田晃一良氏は7日、仮想通貨NEMのCatapult移行について、取引所としてユーザーの不利益にならないよう、対応を検討していると言及した。
CoinPost
11/05 (火)
仮想通貨ネム、新通貨自動付与の「オプトアウト方式」が提案 財団理事長が支持表明
新たなNEMブロックチェーンCatapultによる新通貨の付与について、自動付与が前提のオプトアウト方式が提案。NEM財団の理事長を務めるAlex Tinsman氏が支持した。現在の状況や専門用語も解説。
CoinPost
11/02 (土)
仮想通貨ネム(XEM)、カタパルト移行の最新情報を発表|一般ユーザーから意見も募集へ
ネム(NEM)のカタパルト移行に当たっての審議事項がネム財団フォーラムで発表された。スーパーノード保有者による推奨事項を公開しつつ、一般ユーザーによる投稿を受け付けている。
CoinPost
05/27 (月)
中国仮想通貨格付け最新版(第12回)を公開 ビットコインやLiskなどがランクアップ
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は、仮想通貨に関連する第12回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインやビットコインキャッシュなどの通貨基準が大きく見直されたほか、XRP(リップル)も2月連続で順位を更新。これまで中国系のプロジェクトまたは中国で人気があるプロジェクトが上位にあったランキングにも変化が見られ始めている。
CoinPost