ネム(XEM)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
06/09 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|バイナンスの4銘柄上場廃止やVanEckアナリストのETH価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの4銘柄上場廃止、VanEckアナリストによるイーサリアム価格予想、スタンダードチャータード銀行幹部によるビットコイン価格予想に関するニュースが最も関心を集めた。
CoinPost
06/03 (月)
バイナンス、ネム(XEM)やオーエムジー(OMG)など4銘柄を上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、ネム(XEM)やオーエムジー(OMG)など4銘柄の上場廃止(デリスト)を発表した。定期的に行われるレビューで、上場基準の要件を満たさなくなった。
CoinPost
05/06 (月)
ビットコイン取引を始めるなら、コインチェックの使い方・メリットと口座開設手順を解説
東証1部上場企業マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所コインチェックについて、投資家目線でオススメする3つの注目ポイントを紹介。ビットコインのほかリップル(XRP)やネム(XEM)など多数のアルトコインを取り扱うなど、サービス充実度は目を見張るものがある。
CoinPost
04/10 (水)
【プロが厳選】暗号資産(仮想通貨)取引所、比較ランキング|イラスト解説付き
投資のプロが選ぶおすすめ仮想通貨取引所比較ランキング最新版。投資家注目度の高いIEO投資方法や暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ソラナ(SOL)などの銘柄別比較でも初心者目線で評価しています。
CoinPost
06/25 (日)
週刊仮想通貨ニュース|BTC価格400万円復帰に注目集まる、新たに3社がビットコイン現物ETFを申請など
今週は、仮想通貨ビットコインの価格が400万円台に回復したことなどをまとめた21日のレポートが最も多く読まれた。このほか、新たに3社がビットコイン現物ETFを申請したことなど、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
06/21 (水)
GMOコインもOMGの取扱廃止へ ネムの一部サービス終了も実施
GMOコインは20日オーエムジー(OMG)の取扱廃止、およびネムの一部サービス終了を実施する予定を発表した。コインチェックもOMGの上場廃止を発表した。
CoinPost
12/04 (日)
週刊仮想通貨ニュース|バイナンスの日本進出や通貨ペア廃止に注目集まる、BlockFiが破産申請など
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
11/26 (土)
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ ネムやセラムなど
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
CoinPost
08/05 (金)
国内取引所FTX JP、4銘柄のパーペチュアル取扱開始
国内暗号資産取引所FTX JPは5日に、4銘柄のパーペチュアル提供開始を明かした。
CoinPost
02/14 (月)
コインチェック、16日に対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与
仮想通貨取引所コインチェックは、ネム(XEM)の大型アップグレード「シンボル(XYM)」を2月16日に付与すると発表した。
CoinPost

ネム(XEM)の概要

ネムとは、国や政府に縛られることのない新たな経済の仕組みの構築を目的としたプロジェクト、およびネイティブトークンの名前。

ネムの英語表記NEMは、New Economy Movement(新しい経済活動)の略称となっている。ネムはエコシステムの進化、及びブロックチェーンプラットフォームの最適化を行い、エコシステム全体で緊密に連携することで、集合的な目標を現実にすることをミッションに掲げ活動を展開している。

アクティブなネットワーク参加者を評価する独自のProof of Importance(PoI)を採用し、ハーベスティングと呼ばれる承認作業による報酬体系、ネットワーク内のノードの過去の動作を監視するアルゴリズムとしてEigentrust++を仮想通貨で初めて採用するなど、様々な特色を持つ。

NEM NIS1とSymbolの違い

ネムエコシステムには「NEM NIS1(以下ネム)」と、「Symbol Blockchain(シンボルブロックチェーン; 以下Symbol)」の2つのブロックチェーンが存在する。「ネム」及び「Symbol」には、それぞれXEMとXYMと呼ばれる2種類のネイティブ通貨が存在しており、ネムが個人を含むコミュニティ主導のブロックチェーンプラットフォームとして機能しているのに対し、Symbolはエンタープライズ(企業や公的機関)のブロックチェーンに対するニーズに特化したプラットフォームとして開発が行われている。

このように、二つのブロックチェーンの目的は異なることから、Symbolローンチ後もネム開発は継続して行われている。

ネムのネイティブトークン「XEM」について

XEMの総供給量は8,999,999,999であり、これらは全てローンチ時に発行済みであるため、新たなXEMが発行されることはない。

XEMが流通するネムブロックチェーンは2015年にローンチされたが、ローンチ以降、一度もシステム停止やハッキングは起きていないことからセキュリティ面に定評がある。ネムには、トランザクションの際に複数の署名を必要とするマルチシグ機能や、ブロックチェーン上で独自のトークン発行を可能とするモザイク機能など、他のブロックチェーンでは見られない特徴的な機能がある。

またネムでは、イーサリアムのようにネム上でアプリを構築することができ、開発者がネムを簡単に他のアプリに統合できるよう、開発者向けのAPIシステムが提供されている。

関連仮想通貨投資は何歳から?|初心者向け基本戦略

関連ミームコインの探し方・買い方 PEPEやWIF、BONKをDEXで購入する方法

関連ドージコインとシバイヌ 国内取引所の選び方・買い方、投資のポイント