CoinPostで今最も読まれています

ネム新通貨「Symbol(XYM)」国内取引所の対応一覧と注意点

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ネムの新通貨Symbol、取引所対応リスト

暗号資産「ネム(XEM)」は、21年3月17日に大型アップデートを実施、新チェーントークンである「Symbol(XYM)」が誕生した。

ネムの新通貨Symbol(XYM)が誕生
21年3月17日、仮想通貨ネム(XEM)の新通貨Symbol(XYM)が誕生した。かつてカタパルトと呼ばれた新チェーンは、4年間の開発の集大成という位置付け。国内取引所では、金融庁の認可後の取扱いとなる。

これに先駆け20年9月、NEMグループ(NEM Group Ltd.:NGL)は、NEM保有者がSymbolを受け取る際に必要な「オプトイン」を開始した。

オプトインとは、ネム(XEM)保有者が新通貨XYMを受け取る「意思表明」を示す付与方式のことで、手続きの開始を意味する。

NEMグループは、19年7月にNEM財団、NEM Studios、NEM Ventures、Tech Bureau Holdingsからなるマイグレーション委員会を設立している。

仮想通貨取引所の対応方針について

取引所名 対応内容

コインチェック

*3/12時点

Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおけるNEMの「購入」「売却」「送金」「受取」を再開。詳細:Coincheck

Coincheckつみたて「毎日つみたてプラン」におけるNEMの積立:3月13日から

bitFlyer

*3/12時点

ネム(XEM)のオプトインに伴い、一時的に停止していた販売所での ネム(XEM)の売買を再開。Symbolの配布有無、配布方法などの詳細につきましても、確定次第ご案内いたします。

DMM Bitcoin

*3/3時点

「スナップショット日の3月12日(金)(ブロック高:3,105,500)時点」において、お客様が保有されている「ネム(XEM)」ポジションの数量を記録保管いたします。「Symbol(XYM)」の取り扱い開始の際には、記録保管いたしましたネム(XEM)ポジション数量と同数量の「Symbol(XYM)」ポジションを、お客様のトレード口座に付与いたします。 付与するポジションは、「買いポジション」及び「売りポジション」の双方ともに、もれなく付与いたします。

Zaif

*5/17時点

XYMの取引を開始。

関連Zaif、国内初となるネムの新通貨「XYM」の板取引を開始

*5/31時点

XYMの入出金申請受付が6月1日に変更。

詳細

GMOコイン

*3/12時点

販売所でのネム(XEM)の注文のみ、スナップショット取得後に流動性が確保できた段階でサービスを再開予定とさせていただいておりましたが、当社での流動性確保が可能な見込みとなったため、以下の日程にて販売所サービスでのネム(XEM)のご注文を再開させていただきます。

詳細

フォビジャパン

*03/11時点

XEM(ネム/ゼム)保有者向けに行われるスナップショットに伴い、下記日程にてXEM(ネム/ゼム)の入出金を一時停止させていただきます。

【入出金停止日時】

2021年3月11日(木)19:00~

【停止機能】

XEM(ネム/ゼム)の入出金

※XEMの入出金の再開時間は、改めてお知らせいたします。

引き続きお客様の利益を最優先に考えた対応方針を検討しており、Symbol(XYM)の配布及びその方法など具体的な対応方法については、詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

海外主要取引所の状況

取引所名 対応内容

Huobi Global

3/20

Huobi Globalは新トークン「XYM」の付与を完成させた。入出金の開始時間は別途伝えるという。参考:Huobi Global

バイナンス

4/14

バイナンスは「XYM」の出金開始日時を4月23日に延期。

関連バイナンス、SYMBOL(XYM)の出金開始

XYMの特設ページ

大手仮想通貨データサイトCoinGeckoCoinMarketCapがXYMの特設ページを追加したことがわかった。価格や取扱の取引所などの一部の情報が掲載されている。

出典:CoinGecko

Symbolロードマップ

21年3月時点のロードマップは、以下の通り。

出典:NEM公式

関連:仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

また、4月20日には開発のロードマップが公開された。

仮想通貨ネムとSymbol、開発のロードマップ公開
仮想通貨ネム(XEM)と、先月メインネットをローンチしたSymbol(XYM)について、開発のロードマップが公開された。新たなサービスや機能の拡充等について概要を発表している。

スナップショット(権利確定日時)の注意点

出典:NEM公式

21年3月12日(金)、ブロック高:#3,105,500に到達した時点でスナップショットが実施される。事前告知では午前9時50分頃に予定されているが、スナップショットは時間ではなくブロック高に応じて行われる為、実際の時間は前後する可能性がある。

スナップショットを基準として、トークンホルダーのXEM保有量を保存、権利が確定する。NEM保有数に応じて、Symbolローンチと同時に1:1の比率で、新通貨の「XYM」が分配される仕組みだ。

オプトインはあくまで「意思表示」であり、スナップショット前に保有XEMを全て売却してしまうと、SymbolのXYMを受け取る権利は得られない点には注意したい。NEMグループによるストレステストはすでに終了し、メインネットのローンチが21年3月15日(月)頃に実施されることが発表された。

参考:NEM Symbolのオプトイン→スナップショット→ローンチまでを図解|トレスト

NEM公式サイトによれば、JavaScriptで記述されたクロスプラットフォームのライトウォレット「NEM Wallet」で対応する。

NEM公式サイト

NEMウォレットでのオプトインは、モバイル版/Android版/iOS版、いずれでも可能。マルチシグアカウントのオプトインは、デスクトップウォレットで行うようアナウンスされている。

ウォレットに関して、先日デスクトップウォレットとモバイルウォレットの最新版がリリースされた。通常利用者向けではない開発者モード限定だが、デスクトップウォレットはテスト用にハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」と「Ledger Nano X」に対応するという。

また、オプトインを自身で対応することに不安を覚えるトークン保有者は、対応を表明する日本の暗号資産(仮想通貨)取引所でもXYMの受け取り申請を代理で行なってもらえる。

なお、新たなブロックチェーン及び新トークンはSymbol(XYM)として誕生するが、既存のNEMブロックチェーン「NIS1」も継続して稼働する。

ウォレット情報

3月18日に、LedgerはLedger Nano XとNano SでXYMへの対応が開始したことを発表した。

同日に、NEM側はSymbol専用のiOSウォレットおよびAndroidウォレットをリリースしたことを伝えた。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/07 火曜日
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。
10:03
仮想通貨領域をリードする世界の都市ランキング、首位は英ロンドン=Recap
仮想通貨関連企業Recapは、ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン導入の環境に適した世界の都市ランキングを公開。関連企業数や税率などの指標でスコアを算出した。
09:00
第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの5回目の放送は、2月9日(木)の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストにはConnextのRahul Sethuram共同創設者を招待する。
02/05 日曜日
11:30
BTCなどリスクオンムードも、上昇トレンドのモメンタムは後退
国内大手取引所bitbankのアナリストが、揉み合い続く今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|岸田総理へのWeb3に関する質問に注目集まる
今週は、岸田総理に自民党の平将明議員がWeb3に関する質問を行ったニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨イーサリアムの供給量が純減したことなど、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア