仮想通貨ネムとSymbol、開発のロードマップ公開

ネムとSymbolがロードマップを公開

暗号資産(仮想通貨)のネム(XEM)と、先月メインネットをローンチしたSymbol(XYM)について、開発のロードマップ(計画書)が公開された。

Symbolはネムの新たなブロックチェーンだが、既存のブロックチェーン「NIS1」は今後も稼働を継続。今回発表されたロードマップは両方のブロックチェーンに関する開発プランだ。

ロードマップでは、今後の計画を以下の3つに分類。各開発のスケジュールは記載されておらず、「Andromeda」や「Perseus」のようにまだ明らかにされていない内容も含む。

  • モザイク(トークン)やマーケットプレイス等
  • ウォレット、ソフトウェア開発キット(SDK)、エクスプローラー
  • ロールアップ、リフレッシュ、リサーチ

関連:仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

今後は、Symbolのブロックチェーン上でモザイクの売買を可能にする分散型取引所の開発、モザイクやウォレットの機能の拡充、複数のプログラミング言語に対応したSDKの提供などを予定する。

Symbolのローンチ後は現在までに、NFT(非代替性トークン)の分散型プラットフォーム「NEMBER ART」のテストネットローンチや、スケーラビリティが高いブロックチェーンのエコシステムを構築する「Fantom Foundation」とのパートナーシップ締結などを発表。新たに発行されたXYMトークンについては、バイナンスなど大手取引所への上場が待たれる。

関連バイナンス、ネムのSYMBOL(XYM)出金日時を変更

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します