CoinPostで今最も読まれています

ネムの新通貨Symbol(XYM)が誕生

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新通貨Symbolがローンチ

21年3月17日、仮想通貨ネム(XEM)の大型アップデートが行われ、かつてカタパルトと呼称された新チェーンのSymbol(XYM)が誕生した。

Symbolは、開発者、企業、個人向けに設計された次世代のエンタープライズ規格のブロックチェーンであり、4年間に及ぶ開発における集大成だ。

公式のエクスプローラーでは、Symbolチェーンの原初ブロックとなる「Nemesis Block(ネメシスブロック)」が確認された。

出典:symbole_blockchain_xplorer

後に続く新ブロック生成プロセスを収穫を意味する「ハーベスティング」と呼び、ブロック報酬を得る機会となる。

メインネットのローンチに伴い、Symbolのv1.0.0ウォレット(デスクトップ版)もリリースされた。

Symbolは、現在流通している現行チェーン「NIS1」の大型アップデートで、セキュリティや処理能力の面の向上が期待されている。一方、「NIS1チェーン」と「Symbolチェーン」は並行運用される予定で、XEMの開発も継続する。

NEM日本窓口は、新チェーンSymbolローンチとFINSUM登壇に合わせ、日本人向けのランディングページを開設した。

ユースケースとして、リトアニア中央銀行による世界初のデジタルコレクターコイン発行事例や、NEMブロックチェーンを利用し、ケンタッキーウィスキーファンドをトークン化事例を挙げている。

ネムは21年3月12日、ブロック高#3,105,500到達時のスナップショット及び300ブロック経過によるファイナライズを完了。

スナップショット基準のNEM保有数に応じてSymbolローンチと同時に1:1の比率で新通貨の「XYM」が分配される。

ただし、国内取引所はいずれも、Symbol(XYM)の配布及び方法の詳細について「必要な法令上の手続きが完了次第公表する」との表現に留めており、規制当局と利用者との板挟みになっているものと思われる。日本市場では金融庁の認可が下りておらず、半強制的にロックアップされる可能性が高い。

すでに新通貨(XYM)上場予定の取引所も、老舗のPoloniexを筆頭に続々と判明しているが、各国の規制に準拠した形で数を増やすものとみられる。

出典:NEM公式(3/3時点)

これに先駆け、海外取引所Bitrueでは、新通貨XYMの需要を推し量るIOU(借用証書)取引を開始。開始直後は概ね50円前後で推移していた。

Symbolロードマップ

21年3月時点のロードマップは、以下の通り。

出典:NEM公式

ネム(XEM)のプロモーションの一環となるトレードコンペティションは、Wave2(第2弾)までにBinance、Huobi、OKEX、Bithumbといった大手取引所でも実施されていたが、Symbolローンチ後のWave3(第2弾)、Symbol(XYM)で開催予定としている。

関連:仮想通貨Symbol(シンボル)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

FINSUMで登壇

3/16〜3/18にかけて行われる、日経新聞社・金融庁共催の大規模カンファレンス「FINSUM2021」では、NEMソフトウェアのアントニー・ウェルフェアCOOや、NEMグループのイアンウィルソンCFOが登壇。オンライン視聴も可能な貴重なワークショップを開催予定だ。

関連:仮想通貨ネムのNEMグループなど、「FINSUM2021」でCBDCテーマにセッション

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧