NEM.io財団が「カタパルト」のロードマップと展望を発表|仮想通貨XEMに重要な動き

NEM「カタパルト」のロードマップと展望
NEM.io財団は29日、次世代バージョンである「カタパルト(NEM2)」に関する「ロードマップ」を公開した。カタパルト実装後の仮想通貨エコシステムにも注目。

NEM.io財団、「カタパルト」のロードマップと展望

NEM.io財団は29日、次世代バージョンである「カタパルト(NEM2)」に関する「ロードマップ」を公開した。(日本語版:公式Googleドキュメント

NEM.io財団によると、カタパルトの定義は以下のように記載されている。

NEMの次世代コアエンジンがカタパルトです。

数あるブロックチェーンの中でも、あらゆるビジネスデータを取り扱える実用性とセキュリティを備えた最も使い勝手の良いブロックチェーンになります。数多くの処理速度とスケーラビリティ向上の為の機能強化に加え、カタパルトは非中央集権型のブロックチェーンではこれまで無かった新機能を搭載します。

アグリゲート・トランザクションやマルチレイヤー・マルチシグネチャー・アカウントなど、パブリックとプライベートの二つのブロックチェーンで利用できます。最先端のスマートコントラクト機能を、コーディングやセキュリティリスクに悩まされる事なく利用出来ます。

元ソースはこちらから

「カタパルト」の実装・メインネットや今後の展望に関するロードマップはこのようになる。

  1. 2019年Q3(7〜9月):カタパルトのテストネット公開
  2. 2019年Q3後半〜Q4初期:カタパルトのメインネットでの公開
  3. 2019年Q4(10〜12月)カタパルトのローンチ後:STOトークンのコンプライアンスやクロスチェーン・アプリケーションのサポート、投票センター、カタパルト・アカデミー教育プログラム等
  4. 2020年以降:IoTを実現する機能、ライトニングネットワークへの対応、ステーブルコインの発行等

NEM.io財団の進捗報告

先日、NEM財団は、新たな製品や運営体制へのファンドとして、2500万XEMの資金調達を完了したことを、進捗報告のレポートの中で発表した。(日本語版:公式Googleドキュメント)

当資金調達は、NEM財団が2月に、2億1000万XEMの支援を要請、PoI投票によってコミュニティの支持を得ていたが、コア開発チームとの議論の結果、一括ではなく分割による資金調達に至ったという。

なお、旧体制から引き継ぐ経費などは、既存の資金で対応し、新たに資金調達する資金は、コミュニティと情報を共有した上、円滑な新運営体制に利用される。

新たな資金調達に加え、直近ではNEMに関する新たな動きが多くある。27日に、仮想通貨NEMの公式ウォレットアプリ「NEM Wallet」のバージョン2.4.4をリリースしたなど、生誕4周年を迎えるNEM(XEM)が、新しいステージに突入しようとしている。

今後NEMの開発に関する動向に注視したいところだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインのUTXO数が「買い集め」を示唆する理由とは、カタパルト目前でネムが急動意|仮想通貨市況
長期トレンドラインの転換点に差し掛かるビットコインが強さを見せる中、買い集めを示唆する「UTXO数」が、仮想通貨全体の時価総額がピークを付けた”2018年1月水準”を超えたことが明らかに。本日上昇したネムは、生誕4周年を迎えている。
NEM財団が2500万XEMの資金調達完了|待望のカタパルトローンチプラン発表は今月末と予告
NEM財団が、最新の進捗状況を報告した。新たな製品や運営体制への資金として、2500万XEMの資金調達を完了したほか、待望のカタパルトローンチプランの予定を予告した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら