仮想通貨取引所コインチェックのXEM流出事件で初の逮捕者=FNN 

仮想通貨取引所コインチェックのXEM流出事件で初の逮捕者

仮想通貨取引所コインチェックから580億円相当のXEMが流出した事件で、流出した仮想通貨を不正に取得した疑いで男2人が警視庁に逮捕されたことがわかった。FNNが独自内容として報じた。

コインチェックの事件に関わる逮捕者は初めて。警視庁は、ハッカーの特定も急ぐ方針だという。

警視庁の報告によると、逮捕者2名は、ダークウェブ上で流出したXEMであると知りながら、別の仮想通貨「ビットコイン」と交換し不正に取得したという。

ダークウェブを介した流出通貨の売買は、捜査関係者への取材として産経新聞(2019年1月)が報じた内容でもある。

当時の報道内容によると、ハッカー側が事件後に、不正取得した仮想通貨の大部分をダークウェブで交換したことが確認、ダークウェブ上に開設したサイトで相場より15%ほど割安の提供を持ちかける取引が行われていた。

その後、資金洗浄して得たビットコインの一部は、海外の仮想通貨取引所で現金化を試みる形跡が確認されたという。

FNN.jp

CoinPost:本日の注目記事

株の歴史的急落と相関強まる仮想通貨ビットコイン市場、意識されるマイナー損益分岐は
直近では、株や為替の影響や指数売りとの相関が強まっている仮想通貨ビットコイン市場。半減期を前にしたBTC価格の急落で、BTCマイナーの損益分岐点についても再び関心が集まっている。
日本金融庁長官が語る「仮想通貨・ブロックチェーン規制のあり方」:国際会議BG2C
金融庁長官が仮想通貨・ブロックチェーン規制について見解を示した。金融庁職員が、ビットコインのソースコードを書き、ガバナンスを構築する国際的なネットワークに参加してもらいたいとの展望も語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用