CoinPostで今最も読まれています

週刊仮想通貨ニュース|BTC価格400万円復帰に注目集まる、新たに3社がビットコイン現物ETFを申請など

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週のニュース

一週間(6/17〜6/23)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。

今週は、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の価格が高騰して400万円台に回復したことなどをまとめた21日のマーケットレポートが最も多く読まれた。

また、仮想通貨マイニング株の大幅反発などについて書いた21日の短観も関心を集めている。

このほか、新たに3社がビットコイン現物ETF(上場投資信託)を申請したことを報じた記事も注目度が高かった。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュースランキング
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ビットコイン高騰で400万円台上回る GBTCの「マイナス乖離」は大幅減(6/21)

この日はビットコイン価格が高騰して400万円台に回復。そんな中、グレースケールの投資信託「ビットコイントラスト(GBTC)」のディスカウント(マイナス乖離)が、急速に縮小していることがわかった。(記事はこちら

2位:ビットコイン現物ETF、新たに3社が申請 SECの懸念に対応し再挑戦(6/22)

米資産運用最大手のブラックロック以降、Valkyrie、Invesco、WisdomTreeの3社も現物のビットコインETFを申請。どの企業も過去には米証券取引委員会(SEC)に非承認されており、改めてチャレンジする。(記事はこちら

3位:GMOコインもOMGの取扱廃止へ ネムの一部サービス終了も実施(6/21)

GMOコインは20日、オーエムジー(OMG)の取扱廃止、およびネム(XEM)の一部サービス終了を実施する予定を発表。同日にはコインチェックもOMGの上場廃止を発表した。(記事はこちら

相場ニュースランキング

1位:ビットコイン400万円復帰、仮想通貨マイニング株大幅反発 今夜はパウエル議長の議会発言|21日金融短観(6/21)

ビットコインの価格が400万円に復帰し、仮想通貨マイニング株は大幅反発。先週のブラックロックのビットコインETF申請や、ドイツのメガバンクであるドイツ銀行の仮想通貨カストディ申請、ウォール街支援の仮想通貨取引所「EDX Markets」のローンチ予定なども材料視されたようだ。(記事はこちら

2位:ビットコイン続伸で3万ドル台回復、BCHは前日比28%高に(6/22)

ビットコイン価格は続伸し、3万ドル台を回復。ほかにもビットコインキャッシュ(BCH)が前日比28%高と高騰したほか、今年8月頃に半減期を控えるライトコイン(LTC)が7.2%高、イーサリアム(ETH)が5.7%高となった。(記事はこちら

3位:ビットコイン重要な節目で上昇一服、ショートポジションは大規模ロスカット(6/23)

ビットコイン価格は前日比0.89%安の29,983ドルに。仮想通貨先物市場では、過去3ヶ月間で最大となる1.8億ドル規模のショートポジションのロスカット(強制清算)が発生し、ショートカバーが相場を押し上げた。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

バイナンスのライトニング統合やドイツ銀行の仮想通貨カストディ申請|21日朝の重要速報まとめ(6/21)

本記事では、当日の重要ニュースをまとめている。この日は、バイナンスがビットコインの入出金でライトニングネットワークへの対応を進めていることや、ドイツ銀行が仮想通貨を含むデジタル資産のカストディライセンスを申請していることなどを掲載した。(記事はこちら

米カストディ企業Prime Trustに停止命令 出金対応できず(6/23)

米ネバダ州金融機関局は21日、同州に拠点を置くカストディ企業Prime Trust(プライムトラスト)の財政状況が悪化しているとして、同社にカストディ事業で顧客から新たな資産を受け入れることを停止するよう命じた。(記事はこちら

ウォール街金融が出資する仮想通貨取引所「EDX Markets」 米国でオープン(6/21)

機関投資家専用の新たな仮想通貨取引所EDX Marketsが21日、サービスを開始。取扱銘柄や支援企業が明らかになっている。(記事はこちら

32ETHから2,048ETHへ イーサリアムの改善案、最大ステーキング量引き上げでネットワーク効率向上目指す(6/20)

イーサリアムのコア開発者会議で、バリデーターが保有可能な最大ステーキング量を引き上げるという新たな提案について議論された。32ETHの最低保有要件はそのままに、一つのバリデーターがステーキングできる最大量を2,048ETHまで引き上げるという変更が提案されている。(記事はこちら

米FRBパウエル議長「ステーブルコインは中央銀行が監督する必要がある」(6/22)

米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は21日の公聴会で、ステーブルコインの発行・利用には中央銀行による強固な監督が必要だとの見解を示した。決済利用されるステーブルコインは「通貨の1つ」だと考えていると述べている。(記事はこちら

ポリゴン、「Polygon PoS」を「zkEVM Validium」にアップグレードする提案を議論へ(6/21)

ポリゴン(MATIC)の技術を開発するPolygon Labsは20日、エンジニアチームが「Polygon PoS」を「zkEVM Validium」にアップグレードする提案を行ったと発表。zkEVM Validiumは、ゼロ知識証明を活用するL2ソリューションである。(記事はこちら

上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由(6/23)

米SECの規制圧力が強まる中、ブラックロックが2023年6月に「ビットコインETF」の申請を行い、相場で材料視されている。なぜビットコインETFの申請が注目を集めているのか、初心者にもわかるように解説。この記事は過去に公開した内容を23日に更新している。(記事はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア