GMOコイン、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラ)を販売所形式で取り扱い開始

GMOコイン、NEMとXLM上場

GMOインターネット(東証一部上場)のGMOフィナンシャルホールディングスの連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は4日、仮想通貨NEM/XEM(ネム)とXLM(ステラルーメン)を販売所形式で取り扱い開始したことを発表した。

販売所は、株式市場における証券会社が提供するような個人投資家同士での板取引ではなく、ビットコイン・アルトコインを仮想通貨取引所(GMOコイン)から直接購入、または保有しているビットコイン・アルトコインを仮想通貨取引所(GMOコイン)に売却するサービスとなる。

GMOコインの販売所では、今回上場した2銘柄のほか、

ステラは11月12日、金融庁の認可を得て国内大手取引所のコインチェックに新規上場。ホワイトリスト入りしたばかりだった。

GMOコイン社は、GMOフィナンシャルホールディングスで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して仮想通貨取引ができる環境を提供している。

CoinPostの関連記事

【速報】仮想通貨取引所コインチェック、ステラ(XLM)の新規上場を発表
仮想通貨取引所コインチェックは11月1日、新たに「Stellar Lumens(XLM)」の取扱い開始を発表した。
仮想通貨ネムの「カタパルト」 ブランディング委員会が初の進捗情報を配信
ネム財団のAlex Tinsman理事長は、「カタパルト」のブランディングについて、最新のアップデートを投稿した。ブランディングに関する初の進捗更新となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら