仮想通貨NEM、スケーラビリティ部門で受賞=韓国カンファレンス

DECENTRALIZED PEOPLE’S AWARDS 2019

韓国で開催された「DECENTRALIZED PEOPLE’S AWARDS 2019」にて、仮想通貨NEMがメインネットブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティ部門で賞を獲得。併せて、NEM財団のジェフ・マクドナルド評議員もブロックチェーン産業のベストリーダーとして選出された。

「DECENTRALIZED PEOPLE’S AWARDS 2019」は韓国の仮想通貨・ブロックチェーン情報メディアであるTokenPostが主催するカンファレンス。ブロックチェーン技術の発展に貢献した会社や個人の業績を発表し、その活動を評価することを目的としている。

各部門の候補で公募をした後に、WEB上での一般投票(議決権50%)と審査委員(議決権50%)の評価で受賞者を決定する。

FacebookのMark Elliot Zuckerberg CEOや「スマートコントラクト」という言葉の提唱者のNick Szabo氏、ビットコイン伝道師とも呼ばれたBitcoin.comのRoger Ver氏などもノミネートされていた。

賞はメインネットブロックチェーンプラットフォーム、インフルエンサー、決済、法律など14のカテゴリーで授与された。各カテゴリーがさらに細分化されているため、受賞者はかなりの数になる。

他の有名な受賞者として、リップルはネムと同じメインネットブロックチェーンプラットフォームカテゴリのテクニカルサポート部門、イーサリアムの共同設立者Vitalik Buterin氏がインフルエンサーのヨーロッパ部門、Binance CEOのChangpeng Zhao(CZ)氏がインフルエンサーのアジア部門でそれぞれ受賞している。

なお、各受賞者にはNEMのブロックチェーンを用いた証明が発行され、ブロックチェーン上に名前が刻まれるという。

CoinPostの注目記事

ネム財団理事長が語る「新ブランド戦略の配色に「紫」を選択したワケ」
NEM財団のTinsman理事長は、仮想通貨カタパルトの新ブランド戦略で提案された「仮称:Symbol(シンボル)」の紫色の配色を選んだ理由について、ブログで説明した。
仮想通貨ネムのカタパルト、日本取引所と前向きに協議 コミュニティ投票も本日開始【独自】
Catapultの新チェーンに関して、日本の取引所とも前向きな協議を行なっていることがNEM財団の理事長の証言で明らかになった。カタパルトに係る新たなトークノミクスに関するコミュニティ投票も本日開始した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します