仮想通貨ネムのカタパルト、日本取引所と前向きに協議 コミュニティ投票も本日開始【独自】

コミュニティ投票開始

仮想通貨ネム(XEM)の新ブロックチェーンCatapult(仮:CAT)の移行および新チェーンに関して、日本の取引所とも前向きな協議を行なっていることをNEM財団の理事長が証言した。

NEM財団は日本時間17日、カタパルトに係る新たなトークノミクスに関するコミュニティ投票を開始しており、CoinPost編集部が該当内容について取材を行なった中で明らかになった。

投票の期間は日本時間で、17日午前8時〜22日午前8時を予定する。

投票制を用いて決める内容は主に、新通貨付与方式の「オプトイン」、エコシステムにおけるトークン供給量とブロック報酬によるインフレおよび早期ノードインセンティブなどの重要事項だ。NEM Ventures、NEM Studios、NEM財団、スーパーノード保有者、コミュニティメンバー、エコシステムパートナーからの提案およびフィードバックをもとに採択事項を策定した。

詳しい移行とトークのミックスの提案内容(和訳)は、こちらを参照

今回の投票内容には、新通貨の上場に関する提案は掲載されていない。

CoinPost編集部が、ネム財団のTinsman理事長に取材を行なったところ、今回の投票では採決対象として実施しないものの、来年1月には取引所・上場に関する最新の内容を公表する予定だ、という回答を得られた。

また、日本関連の動向については、「我々は、日本の取引所と連携し、上場や移行対応に向けて前向きに話を進めている」と説明した。

先日更新された提案内容では、委員会が進めているプログラムとして、「カタパルト」がローンチする初日に、6つ以上の中〜大規模の取引所が対応、新通貨を上場する方向で検討していることが明らかになっている。対応が決定すれば、これらの取引所が新チェーンへの対応を行うことになるという。

投票の手順に関しては、公式の「NEM日本窓口」が手順を公開している。

必要なウォレットバージョンおよび投票のステップはこちらから確認が可能だ。

出典:NEM

CoinPostの注目記事

仮想通貨ネムの「カタパルト」 6つ以上の主要取引所が上場を検討=マイグレーション委員会
仮想通貨NEM(XEM)に関連した新たなブロックチェーン「Catapult」で新たな提案書が公開。6つ以上の中〜大規模の取引所が対応、新通貨が上場する方向で検討していることがわかった。
中銀のトークン発行で仮想通貨ネムのカタパルト採用事例=NEM財団理事長
東欧リトアニアの中央銀行が、「デジタル・コレクターコイン」発行で仮想通貨ネムのブロックチェーンを利用することがわかった。ネム財団のTinsman理事長は取材に対し、「カタパルト」を利用することを明らかにした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら