CoinPostで今最も読まれています

ネム財団理事長が語る「新ブランド戦略の配色に「紫」を選択したワケ」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Symbolの配色

ネム財団のTinsman理事長は、カタパルトの新ブランド戦略で提案された「仮称:Symbol(シンボル)」の紫色の配色を選んだ理由について、ブログで説明した。

新ブランド戦略は20日に公開された、仮想通貨ネム関連の新ブロックチェーン「カタパルト」のブランド展開に係る内容だ。「カタパルトブランディング運営委員会」が新たに新名称とロゴを提案、コミュニティ投票に提出した。「カタパルト」については、商標権の関係で利用が難しくなることから、新たなロゴや名称、配色とティッカーシンボルの変更は検討事項として進められているという。

出典:ネム財団

配色について

まず、カタパルトブランディング運営委員会はブランド設計企業「Better Way Brand Agency」に、競合企業のイメージ配色の市場調査を依頼。

結果、「ブルー」が最も利用されている配色のベースであることがわかったことから、『Symbol』がより印象に残るように、別の色を利用するべきだと配色の範囲を指定したという。

出典:ネム財団

また、「既存のNEMのアイデンティティとして、他のプロジェクトと違って、三色は統一感が足りず、方向性やパーソナリティも欠如している」と、理事長は指摘した。

以上の点から、「ネムのブランドとして所有すべき配色はありきたりのブルーではなく、より鮮明で印象に残るデザインに至った」と説明した。

パープルに至った理由

ではなぜパープル(紫)に至ったのか。

仮想通貨業界以外の大手企業がすでにその色を採用することで、市場効果の実績を出していることや視覚効果としての実データも理由に一つに挙がるようだ。

数十億ドル規模の企業ブランドはすでにパープルの視覚的効果を認識している。例えば、米大手通信キャリアT-Mobileはこの配色でブランドのアイデンティティを作ってきた。

「Symbol From NEM」という名称の由来としては、あくまでもNEMを引き継ぐ「ファミリープロダクト」としての立ち位置を意味するために「From NEM」を追加するという。例に挙がったT-Mobileの「metro by T-Mobile」のように、そのブランドに置かれる「ファミリープロダクト」に繋げる考えだ。

出典:ネム財団

参考:カタパルトブランドアップデート

ブランドに関する投票

20日より、新ブランドSymbolに対するコミュニティ投票が開始。投票結果は非拘束形式で行われた。(ユーザー調査の形式)

仮にユーザーの投票でSymbolが否決された場合、委員会は「Sekoya」という名称を代替案として提案することができるという。

現在、委員会が持っている商標はSYMBOL/SYMBL/SEKOYAとの3つだ。(ネム財団のセクレタリーLaura Takenaka氏へ取材でわかった)

こちらが和訳された新ブランドの公式ドキュメントの全文である。

CoinPostの注目記事

仮想通貨NEMのカタパルト、新ブランド戦略を発表 名称やロゴの変更も
仮想通貨ネム関連の新ブロックチェーン「カタパルト」について、ネム財団が新たに新名称とロゴを提案。仮名「Symbol(シンボル)」に関する内容が、新ブランドの展開戦略の方針として発表された。
仮想通貨ネムのカタパルト、日本取引所と前向きに協議 コミュニティ投票も本日開始【独自】
Catapultの新チェーンに関して、日本の取引所とも前向きな協議を行なっていることがNEM財団の理事長の証言で明らかになった。カタパルトに係る新たなトークノミクスに関するコミュニティ投票も本日開始した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:20
バイナンスラボ、ビットコインステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧