ライトコイン(LTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

05/18 (土)
ライトコイン、スターバックスなどで決済可能か|決済アプリ創設者が示唆
仮想通貨決済アプリを提供するFlexa社の共同設立者が、決済アプリへのライトコインの追加を示唆する内容をツイッター上に投稿。同アプリはスターバックスなどの大手企業でも導入予定となっている。
05/09 (木)
出来高水増しが少ない仮想通貨、トップにBNBとXRP|ブロックチェーン調査企業が公表
ブロックチェーン調査企業「Blockchain Transparency Institute」がウォッシュトレードに関するレポートを公表。時価総額トップ10のうち、出来高を不正に水増ししていた割合が少なかった通貨は上位から順に、BNB、XRPと続いた。
04/24 (水)
ナスダックが仮想通貨の模擬取引を試験的に開始 ビットコインとライトコインの取引ペアを確認
世界的証券取引所であるナスダック上で仮想通貨取引が試験的に開始されたことがわかった。現段階ではペーパートレードとしてビットコインとライトコインの取引ペアを提供、TDAmeritradeのアカウントを通じて明らかになったという。
04/22 (月)
「仮想通貨の真の普及」と「ライトコインの匿名技術導入意義」|Litecoin財団創設理事へ独占取材
Litecoin HausのCEOを務めるFranklyn Richards氏に独占インタビューを実施。同氏は、来るライトコイン半減期の価格への影響から、匿名取引の実装計画の意義、またビットコイン及び仮想通貨の将来の展望を語った。
04/17 (水)
ブロックチェーン導入企業のランキングをForbesが公開 リップル社やCoinbaseなど仮想通貨関連企業もランク入り
ブロックチェーンを活用していて企業年収または企業価値が10億ドル(約1120億円)を超えている上位50の企業のランキングがForbesで公開された。仮想通貨業界からはリップル社やコインベースなどがリスト入りした。
04/15 (月)
仮想通貨ライトコイン、ハッシュレートが過去最高を記録|半減期が近づくなか価格も高騰
LTCのハッシュレートが過去最高に。前日比で最大8.7%の価格上昇も記録した。ハッシュレート上昇の要因としては「マイニング設備の機能向上」と半減期の接近等に伴う「LTC需要の高まり」が考えられる。
04/10 (水)
ビットコインやXRPなどを一括管理へ DMMが仮想通貨の管理サービスを公開
DMMが複数の仮想通貨を一括で管理するサービスを提供していくサービスを新たに公開した。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)の6通貨に対応、アドレスを登録するだけで自動で資産管理画面を作成する。
04/05 (金)
リップル(XRP)が一時42円付近まで急騰、ビットコインは上昇の力を継続|仮想通貨市況
仮想通貨市場でリップル(XRP)などのメジャーアルトが循環物色され急騰する中、ビットコインは上昇の力を継続、売り方が落とし切れずに焼かれやすい環境下にある。次に意識されやすい重要ラインは?
04/05 (金)
XRP(リップル)とライトコインの新たなETP(上場投資商品)が発表 取引開始は4月5日|相次ぐ証券取引所への仮想通貨ETP上場事例
XRP(リップル)とLTC(ライトコイン)の仮想通貨関連ETP商品が新たに誕生する。機関向けに取引を提供するスウェーデンの証券取引所で5日より取引が開始、XRPはETP商品として2例目の事例となる。
04/04 (木)
世界初のXRP(リップル)ETP取引、初日のデータが判明|出来高から見る仮想通貨ETPの市場への影響
スイス証券取引所SIX Exchangeに4月2日に上場したXRPの出来高データなどが判明した。仮想通貨市場高騰によるビットコインなど5銘柄のETP出来高を含め、機関投資家の参入経路になりえるか、また市場への影響を考察した。
04/01 (月)
今年最も上昇した仮想通貨銘柄5選|ライトコイン、バイナンスコイン等
2019年以降もビットコイン価格が低迷を続けるなど、停滞感の拭えない仮想通貨市場。そんな中、ライトコインの半減期や新サービスの提供などで価格上昇が見られた、時価総額上位のアルトコイン5銘柄をまとめて掲載。
03/30 (土)
日本最大規模「TEAMZ」ブロックチェーンサミット開催|Wikipediaや仮想通貨ライトコイン創業者なども登壇予定
この春、東京で開催される世界最大のTEAMZブロックチェーンサミットの開催日が迫る。登壇者には業界の専門家、一流投資家、ベンチャーキャピタル、投資銀行、規制機関などが集結。今すぐ参加登録を!
03/27 (水)
2019年以降、ビットコインよりも高い時価総額上昇率を見せた仮想通貨銘柄37選
2019年以降も低迷を続けるビットコイン市場だが、時価総額を上昇させているアルトコインも散見された。今回は、時価総額が1億ドルを超えている仮想通貨銘柄37選と、主な銘柄の上昇理由を掲載する。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/26 (火)
海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。
03/20 (水)
スイス大手オンラインサイト、ビットコインやXRP(リップル)などの仮想通貨決済を開始
270万以上の商品ラインナップを誇るスイスの大手オンライン小売サイト「Digitec Galaxus」は19日、ビットコインやイーサリアム、XRPなど10の仮想通貨銘柄での決済を可能にすることを発表した。
03/19 (火)
西仮想通貨企業、欧州でビットコインやXRP(リップル)での仮想通貨決済サービスを開始
スペインの仮想通貨企業2gether社が主要仮想通貨での決済を可能にするデビットカードのローンチを発表した。ビットコインやXRP(リップル)などが欧州で利用可能となる。
03/13 (水)
バイナンス公式ウォレット、XRP(リップル)を対応仮想通貨に追加|ビットコインなど5銘柄のクレカ購入も可能へ
出来高1位を誇る大手仮想通貨取引所バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がクレジットカードの仮想通貨購入と仮想通貨XRPの追加対応することが発表された。ビットコインなど主要5銘柄をクレジットカードで購入することが可能になる。
03/12 (火)
日本最大規模のTEAMZブロックチェーンサミット開催|4月6・7日:無料チケットあり
TEAMZブロックチェーンサミットがこの春、東京で開催される。TEAMZブロックチェーンサミットには業界の専門家、一流投資家、ベンチャーキャピタル、投資銀行、規制機関などが集結する。イベントでは、ブロックチェーン業界の将来の発展、投資環境、世界規模でのコラボレーション機会の拡大、さらに、質の高いプロジェクトが必要な投資や支援が中心テーマとして議論される。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。