広まるか「ブロックチェーン婚」新サービスB-marriage、国内200会場で導入予定

ブロックチェーンを利用した結婚サービスが発表
株式会社ベルメールプロモーションは、ブロックチェーン上で結婚証明書などを記録できる新サービス「B-marriage」を発表した。今後、国内の200以上の会場で導入予定。

ブロックチェーン上で結婚証明書を記録できるサービスが登場

ブライダル業界専門誌などを手がける株式会社ベルメールプロモーションは、ブロックチェーン上で結婚情報を記録できるサービス「B-marriage」を発表した。

2019年7月31日、東京ビックサイトにて開催されたブライダル産業フェア2019にて発表された同サービスについて、エキサイトニュースなどが報じている。

B-marriageは、ブロックチェーンを使った結婚サービスで、ブロックチェーン上に結婚証明書や婚姻届を記録することができる。他にもお祝いのメッセージや、ご祝儀、写真などを送ることができるという。

このようなサービスが生まれた背景としては、近年、存在を増してきた同性婚などの存在がある。こういった結婚のケースでは、国によって様々ではあるものの、現状の法制度では婚姻が認められないといった壁が存在している。他にも、国際結婚など、戸籍上の問題などで、結婚を認められることが難しいケースが存在する。

そういった現状に対して、ブロックチェーンを利用した結婚手続きは、結婚の証明を半永久的に保存できる手段として利用されてきた。2014年に初のブロックチェーン婚を行ったアメリカのカップルはブロックチェーン上に、「良い時も悪い時も死が二人を分かつとも、ブロックチェーンは永遠である」という文言を残している。

価値観の多様化が進む中で、今後ますますブロックチェーンを利用した結婚の需要は高まっていくものと予想される。

また、ブロックチェーンの活用分野の中では、出生証明書の発行、管理などでの活用にも注目が集まっている。アフリカなどの開発途上国などでは、現在でも出生証明書を持たず、自分の年齢を知らない人が数多くいるとされる。すでにインドなどでは、ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理する取り組みが行われているということだ。

CoinPostの関連記事

三菱電気など国内メーカー100社、ブロックチェーン技術で情報共有へ
三菱電機、安川電機などを含む国内メーカー100社が提携し、ブロックチェーン技術を利用した情報共有を行うことでコスト削減や業務の効率化を図ることが分かった。日本のものづくり産業の活性化に期待が高まる。
2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は2年前の5倍以上に急拡大、2022年度には1,200億円|矢野経済研究所
矢野経済研究所は、国内ブロックチェーン活用サービスの2019年度市場規模を2年前の5倍以上の170億円を見込み、2022年度には1200億円まで急拡大するとした。本格的な商用化フェーズへと進むと予測している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら