リップル社投資部門、仮想通貨XRPのエコシステム拡大を図る事業戦略を発表

Xpring、仮想通貨XRPのエコシステムを拡大へ
リップル社の投資部門「Xpring」は、XRPの利用普及を図る新たな取り組みを明かした。XRP関連開発ツールの構築などを新たな事業方針として推進する。

Xpring、仮想通貨XRPの生態系を一段と拡大へ

リップル社の投資部門「Xpring(スプリング)」は、仮想通貨XRPの利用普及に関する新たな取り組みを明かした。

Xpringの責任者Ethan Beard氏は、同部門がXRPの生態系(エコシステム)を拡大するためのツールを開発していると話し、このように語った。

我々は現在、Xpring内におけるデベロッパーツールを開発し、Xpringをデベロッパーのプラットフォームとして構築している。

Xpringのチームメンバーは一年前に比べ、10倍ほど増員している。その大部分がエンジニアだ。

我々はリソースを利用し、より簡単にXRPでアプリなどを構築できるツールを作っている。

これは、投資部門のVCとしてのXpringの立ち位置だけではなく、開発も手がけることにもより注力する姿勢を示している。

Beard氏は続けて、ツールについてこのように具体的に説明した。

現在、APIやSDK、ライブラリーやサービスの構築を行なっている。そうすれば、XRPのブロックチェーンを利用して開発したいユーザーはより簡単に開発を進めることができるようになる。

ツールが完成すれば、Xpringは世界中のデベロッパーにリーチできるようにそれらを商用化する。今後、Xpringデベロッパーカンファレンスが開催されるかもしれない。

これまでXRPの利用普及を拡大するために、Xpringは20社以上の企業に、5億ドル超の投資を行なってきた。直近では、コンテンツクリエイター向けのマイクロペイメント(少額決済)用プラットフォーム「Coil」に、10億XRPを助成金として出資している。

参考:The Ripple Drop

CoinPostの注目記事

リップル社投資部門が10億XRPをcoilに投資 仮想通貨XRPの普及を目的
リップル社の投資部門「Xpring(スプリング)」が、コンテンツクリエイター向けのマイクロペイメント用プラットフォーム「Coil」に、約280億円の投資をした。仮想通貨XRPの普及も狙っている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら