CoinPostで今最も読まれています

リップル大進撃、XRP価格高騰の裏側

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRPが50円をタッチしてから高騰が止まらず、数日でその倍の100円に一瞬到達する高騰を記録
価格停滞時は、ビットコインキャッシュやIOTA、ライトコインに時価総額で負けて6位に落ち込んでいましたが、最高値更新時は時価総額3位のビットコインキャッシュを抜き再度3位の座へと戻っています。
「リップル」という名前が様々なメディアで紹介されて知名度が上がっている
日経新聞の電子版だけではなく、紙面にも掲載され、テレビでもSBI Ripple Asia CEOである沖田 貴史氏が出演しました。
XRPのロックアップについて注目すべき情報
リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていました。これは単なる推察ですが、ロックアップが完了したことにより、このテスト的な売りが終了した結果、価格上昇に影響したのでは無いかと思われます。

リップル(XRP)が数ヶ月の停滞を経て、50円をタッチしてから高騰が止まらず、数日でその倍の100円に一瞬到達する高騰を記録しました。

価格停滞時は、ビットコインキャッシュやIOTA、ライトコインに時価総額で負けて6位に落ち込んでいましたが、最高値更新時は時価総額3位のビットコインキャッシュを抜き再度3位の座へと戻っています。

現在はアジアマーケットが動く時間となり、一時価格が下落し時価総額4位で安定しています。

リップル(XRP)は元から多くの優良企業と提携を組んでいることから高騰には多くの要因があることは間違いありませんが、ここ数日の動きから高騰要因について考察致します。

リップル(XRP)の高騰

CoinPostでは、リップル(XRP)が高騰して50円に到達した時の考察記事を掲載致しました。

リップル(XRP)最高値50円台を記録/高騰の理由は?
リップル(XRP)が最高値50円台を記録しました。XRP価格上昇の要因として挙げられるのは、リップル社の技術を活用した日韓国際送金の実験開始のニュースと思われます。
1、SBIホールディングス傘下のSBI Ripple Asiaを中心として活動する、内外為替一元化コンソーシアムが、先日リップル社技術を利用する準備が整い、日韓のブロックチェーン利用国際送金の実験開始が発表
これに利用されるのはXRPではなく、「xCurrent」という技術ですが、将来的に為替ペッグによるコストカットを加味してXRPの導入に関しても言及しています。
2、リップル社David Schwartz氏による大きな企業との提携に関する言及
これはXRPチャットで記載され、海外で話題となった内容ですが、本人はツイッターで冗談であったとの言及をした上でXRPチャットの内容削除を行なっており、実際に発表が行われるかは謎に包まれたままです。

リップルの知名度が大幅に向上

最近リップルの知名度が様々なメディアの紹介により高くなっています。

日経紙面掲載

この日韓国際送金については、日経電子版だけでなく新聞紙紙面でも掲載されました。

これまでビットコインに関しての掲載は多かったのですが、リップル社の技術についての情報が掲載され、更には「XRP」の文字も記載されていました。

テレビ放映

本日朝、「日経モーニングプラス BSジャパン」にSBI Ripple Asia CEOである沖田 貴史氏が出演しました。

内外為替一元化コンソーシアムが提供する、リップルブロックチェーン技術を利用した決済アプリケーションのデモンストレーションが放送されました。

このアプリケーションには「Ripple」の文字が入っていたことで話題を呼んでいます。

リップル社はXRPをリップルと表記しないため、XRPが直接関わってくるのかは未だ謎のままですが、日韓国際送金の例を考えると同じような流れになる可能性は高いでしょう。

ただ、このテレビ放映での認知度向上は間違いないと言えます。

ロックアップについて

先日の記事では取り上げなかったのですが、先日リップルのロックアップも結果的には価格上昇に繋がっていそうです。

リップル社が550億XRPのロックアップ完了を公式発表/価格も大幅に上昇を記録
リップル(XRP)が550億XRPのロックアップを完了しました。2018年は安定した流動性、健全で信頼の置けるXRP市場構築を深めることができ価格が上がることも期待されます。また、変わらずリップル社のVisionはValue of Internetの世界を実現することは変わらず動いています。

ロックアップ概要

12月8日、リップル社が保有する630億XRPのうち90%の550億XRPがロックアップ完了しました。

2018年以降は毎月一日に550億XRPのうち、10億XRP分がロックアップ期限を迎え、リップル社がXRPをその分市場に放出することができます。

また、その月で10億XRPに到達しなかった場合、余ったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされます。

また、リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていたと発表しています。

ロックアップについて注目すべき点

注目すべきは、このロックアップの発表された内容の中の「リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていた」という部分です。

この売却は将来的にXRPが実世界で利用されるときに、XRP利用企業側に売却することなどを見越したテストで市場に売却していた平均300M XRPが売りの圧力となっていた可能性があります。

リップル社もこの記載をするときに「For comparison」と付けていることからも、このロックアップが完了したことにより、このテスト的な売りが終了したのでは無いかと考えています。

300M(3億) XRPは、市場価格が30円の時で仮定して90億円に相当します。

これはXRPの時価総額に対しては少ない金額ですが、以前からXRPの提携の話題や人気度などに対して思ったように価格上昇が見込めなかったことや、この売却の圧力が仮に取り除かれたことが最初の価格上昇のトリガーになった可能性を考えるとありえない話では無い、と思います。

XRPの実用性は他の仮想通貨をリードしている

結果的に価格が大きく伸びたことや流動性の向上は、リップル社にとっても投資者にとっても良い結果となりました。

2017年は仮想通貨が大きく認知された年ではありましたが、年末にかけての仮想通貨市場全体の兆候として、実社会での利用が明確になっている通貨の伸びが顕著に表れているような印象を受けます。

この中でリップル社が提供するリップルブロックチェーン技術やXRPは、提携銀行や明確なコストカットが見えていることで、実世界の大々的な利用に一番近い通貨ではないでしょうか?

今回大きな価格上昇となったことで、価格の反発は気をつけたほうがいいですが、将来的な価値を見越して中長期的な目で見ることも大事になるかもしれません。

結局価格上昇の大きな理由として考えられるのは、

1、内外為替一元化コンソーシアム主導の日韓のブロックチェーン利用国際送金の実験開始

2、ロックアップに関して

ではないかと考察しました。

しかしリップル社やXRPを支援する投資家が日本に多いことなどを考えると日本市場も世界に大きな影響を与えていることを考えずにはいられません。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア