BakktのBTC先物、初のブロック取引 大手仮想通貨ファンド間で

Bakkt初の「ブロック取引」
BakktのBTC現物先物取引で、初の「ブロック取引」が行われた。米仮想通貨ファンドGalaxy DigitalとXBTOの相対売買で成立した初の大口日間契約になる。

Bakkt初の「ブロック取引」

BakktのBTC現物先物取引で、大口の相対取引を行う「ブロック取引」が初めて行われた。親企業ICEの公式発表によると、日間契約で初めてのブロック取引は10月1日、仮想通貨ファンドGalaxy DigitalとXBTOの間で行われた。

XBTO側は、「先週、我々は初めて日間契約の取引でビットコインを受け取った。そして今週、初のブロック取引を行なった。」と説明している。

「ブロック取引」とは、機関投資家の間で行われる大口の相対売買のことで、大口の相場への影響を抑制するために、通常は立会外取引(プライベート取引)で進められる。

Bakktのビットコイン先物では、最低限のブロック取引のロット数は10BTCと設定されている。

参考:ICE

CoinPostの注目記事

米投資銀行報告書「Bakktに失望するのは時期尚早」
期待に反して初週出来高が低迷した「Bakkt」について、米投資銀行が報告書を公表。他のビットコイン先物取引よりも出来高が低迷している点に言及したうえで、判断を下すには時期尚早とした。
「それでもBakktは未来を切り拓く」仮想通貨業界関係者らが期待を崩さぬ理由
初週のビットコイン先物取引高が伸び悩んだことで「失望」にさらされたBakkt。評価は、BTC市況を加味して時期尚早と擁護する声もあるなか、有識者らは中・長期目線での期待感を崩さぬ理由を述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら