中国政府、外国為替改革で仮想通貨にも対処

仮想通貨をFXに

中国政府は外国為替市場(FX)を改革することによって、ビットコインなどの仮想通貨市場にも対応する可能性が浮上した。ロイター が報じた。

中国の国家外為管理局の責任者Lu Lei氏は、ブロックチェーンを用いる国際間金融のパイロット版を拡大するほか、「仮想通貨に対処するため、FXの改革における前向き研究を進める」と話し、仮想通貨を含めた新たなFX規制・技術状況を調査する方針だと明かした。

今回の方針は異例と見られる。これまで中国は仮想通貨の取引に対して全面禁止の方針をとっており、とくに直近では取引所やICO融資行為に対する取り締まりをより強化している。

仮にFXと同様に制限・規制する場合となれば、中国における仮想通貨の法的ステータスは変わり、ある程度の正当性をもたらし得ると考えられる。

デジタル人民元が準備完了

中国人民銀行(PBOC)のデジタル通貨調査部責任者、Changchun Mu氏は先週末、デジタル人民元(DCEP)の開発ロードマップについて話し、エンジニアが準備作業をほぼ完了していると明かした。

トップレベルの設計、標準定式化、機能的研究開発、共同デバッグとテストが、全般的に完了しているという。

人民銀行はまもなく、国内のテンセントやアリババが支援するアント・ファイナンシャルを含む商業界のパートナーを通じて、徐々に国民にDCEPを発行できるようになると付け加えた。

先日の報道によると、DCEPを深センと蘇州の2都市で試験的に実施する予定。未だ公式発表はないが、報道では、テストを開始するにあたって7つの国有企業(4つの商業銀行と3つの通信大手)と提携、これらの企業間で競争関係を作ることで独自の実施戦略を策定するよう促すという。

CoinPostの注目記事

中国テンセント、デジタル通貨の専門チームを結成
WeChatを運営する中国のテクノロジー大手企業 テンセントが、デジタル通貨リサーチチームを設立することが分かった。デジタル通貨決済を通じて中国政府のブロックチェーン推進政策への貢献を行う。
中国深セン市、仮想通貨企業8社を調査 違法ビジネス取締まり強化で
中国深セン市の金融規制当局は、違法なビジネスを取り締まる目的で、中国の仮想通貨関連企業8社に対しヒアリング調査を行った。現時点では調査段階だが、他企業にも波及していく可能性がある重要事例だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します