CoinPostで今最も読まれています

サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト「裁判所命令でビットコインの強制押収は可能」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライト氏、裁判所はビットコイン押収が可能と主張

ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」を自称するクレイグ・ライト氏が、ビットコインの押収を裁判所の命令に従うことができると発言した。仮想通貨ポッドキャスターのPeter McCormack氏によって内容が紹介された。

McCormack氏が公開したスクリーンショットによると、ライト氏は、裁判所がビットコインを押収することができるようになると主張している。秘密鍵を有するウォレットを差し押さえるといった物理的なものではなく、裁判所命令に従ってマイナーが押収の手助けを可能にすると説明した。コードこそが法律であり、裁判所はビットコインのコードに対し修正モジュール適用の命令を下すことが可能だと述べている。

その上で、ビットコインは暗号化されていないとも付け加えている。

ライト氏の主張

ライト氏は、今年からビットコインを失ってしまった人の資金を取り戻せるようにしたいと主張する。 創業者の急死によってウォレットへのアクセスが不可能になった、カナダの取引所クアドリガCXや、ビットコイン市場で最も有名なマウントゴックス事件などを例にとり、ビットコインを失った企業リストを持っていないかと呼びかけた。

ライト氏によるとビットコインは「簡単に」押収でき、「簡単に」所有者に返却できると主張する。

問題視するツイッターの反応

このようなライト氏の主張に対し、McCormack氏は「わかったよ、僕ちゃん。大爆笑」と一蹴しており、それに続くほとんどのツイッターユーザーの反応も、ライト氏の言葉は信頼からは程遠いとして、ジョークとしか受け止めていない。

ライト氏の主張が実現するためには、「分散化」されたマイナーが、第一に自身の経済的利益を顧みず、さらにビットコインネットワークへの信頼を損なうことも辞さない覚悟が必要になる。現実的には、ブロックの巻き戻しなどが発生するなど、非中央集権的な理念や非改ざん性の価値がなくなることに繋がる。いかに一般的に正当な理由であっても、ブロックチェーンのデータに改ざんを加える事例は、業界として正当化されないものと指摘された。

迷走する巨額ビットコインをめぐる裁判

ライト氏は、2009年から2011年に、故デイブ・クレイマン氏と共同で行ったマイニング報酬の所有権をめぐり、クレイマン氏の遺族と係争中で、裁判所は昨年8月、ライト氏にマイニング報酬の50%(約110万BTC)を支払うように命じた。

その後、ライト氏は和解金の支払いに合意したものの、資金を調達できなかったことを理由に契約を破棄した。報酬で得たビットコインは「Tulip Trust」という信託資金として保管され、暗号化されているという。 訴訟は再開され、先月、その資金にアクセスするための暗号鍵をライト氏が入手できたことが裁判所の提出書類で判明し、裁判の決着まであと一歩と思われたが、ライト氏は、鍵の所有者が弁護士であり、法廷への提出書類が秘匿権で保護されると、新たな主張を展開している。

クレイマン氏側は、「秘匿権を濫用し続けている」ライト氏の主張に挑戦すると述べている。

なお、裁判所はライト氏に対し、「不正な書類を意図的に裁判所に提出し、司法手続きを妨害し、宣誓の下で虚偽の証言を行った。これ以上の司法行政の対極にある行為は無い。」とすでに強い言葉で警告している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
16:50
Bybit、DEX「ApeX」を統合
海外の仮想通貨取引所Bybitは、分散型取引所ApeX Proのサポートを発表した。BybitのWeb3ゲートウェイ戦略の一環で、Bybitウォレットから同DEXへのアクセスが可能になった。
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧