CoinPostで今最も読まれています

CMEの仮想通貨ビットコイン先物取引高が急減、機関投資家とファンドの純OIも売り越しに

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CMEのBTC先物取引高が急減

新型肺炎(コロナウイルス)感染拡大による株式市場の暴落を受けて、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物の取引高が急減している。

CMEの取引データによると、大口投資家の純未決済建玉残高(OI)は2月下旬以降下落しており、株式市場の暴落を受けたリスクオフの傾向が確認される。

一方で、個人投資家や企業の純OIは高水準で推移。買い圧力の強さを示す先物プレミアムも高止まりしており、小口投資家の買いに過熱感が見られる。

CMEのBTC先物取引高が急減、未決済建玉残高(OI)は横ばい水準

CMEのBTC先物日次取引高は2月18日、11億ドル(約1200億円)の年間最高値を記録し、BTC価格も100万円を超える水準で推移していた。

しかしながら、2月下旬以降、コロナウイルス感染拡大に伴う米国株の記録的な暴落に伴って、先物取引高は大幅に急落。3月6日にはBTC先物日次取引高が8,800万ドル(約92億円)を記録し、直近3か月間の最低値を更新した。BTC価格もこの間に大幅に下落し、現時点では8000ドル(約80万円)付近で推移している。

それに対して、3月6日のBTC先物の未決済建玉残高(OI: Open Interest)は2億1,700万ドル(約220億円)となっており、2月末の水準を維持している。

OIは、BTC価格のトレンドの強さを測るために用いられる。一般的には、OIとBTC価格が同時に上昇すれば、BTC価格に強い上昇トレンドが形成されているとみなされる。一方で、これらの間に連動性が見られない場合、BTC価格のトレンドは方向感に欠けているとみなされる。

CMEのBTC先物残高は小口投資家が買い越し、大口投資家が売り越し

CMEのBTC先物の純OI(買い残高-売り残高)を取引主体別にみると、2月末以降小口投資家が買い残高を増加させる一方、大口投資家の間では売りが優勢となった。

個人投資家(Nonreportable)の純OIは2月下旬以降も高水準を維持し、3月3日時点で7,900BTCの純残高がある。また、企業(Other Reportables)の純OIは増加傾向にあり、3月3日時点で6200BTCの純残高がある。

一方、大口投資家である機関投資家(Institutional)とレバレッジドファンド(Leveraged Funds)の純OIはそれぞれ-165BTCと-13,400BTCと売りが優勢だった。特にレバレッジドファンドの純OIは2月下旬以降急減しており、リスクオフの傾向がうかがえる。

BTC先物プレミアムは高水準を維持

データ調査会社Arcane Researchによると、個人投資家向けBTC先物市場のプレミアム(現物価格との乖離率の年率換算値)は3月3日時点で13%と、直近のピークからは減少するものの依然として高水準を維持した。

また、機関投資家向けBTC先物市場のプレミアムは3月3日時点で20.5%となり、前週から大幅に反発した。

BTC先物プレミアムはBTCの先物価格が直物価格に比べて何%高値で取引されているかを表すものであり、一般にこの値が高いとBTCの買い圧力が強いことを意味する。

もっとも、先物プレミアムは先物取引高やOIが減少しているときには高くなる傾向があることに留意する必要がある。

まとめ

CMEの取引データから判断すると、2月下旬以降の株式市場の暴落によってリスクオフの傾向が強まり、大口投資家が先物ポジションを減少させたと結論付けることができる。

今回の下落相場では、株式とBTC価格に正の相関(株式が下落するときにBTCも下落する)が確認されたが、BTCと株式の間には必ずしも正の相関関係成り立つとは限らない。過去には、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測が強まると株式とBTCの相関が弱まる傾向も確認されている。

3月3日にはFRBが緊急利下げを実施、市場では追加利下げの観測も高まっている。こうした中、今週以降に大口投資家がBTCのポジションを再び増加させるかどうかが注目される。

CoinPostの注目記事

ビットコインなど仮想通貨市場崩壊、コロナショックと原油急落で金融市場がパニックに
世界金融市場のパニックに伴い、9日のビットコイン(BTC)など仮想通貨市場は大暴落。コロナショックに伴う米NYの緊急事態宣言やOPEC交渉決裂による湾岸戦争以来の原油急落など、その背景を探る。
世界的な利下げの流れは仮想通貨ビットコインにどう影響を与えるか|寄稿:タキオン
コロナショックによる世界的な経済活動の影響を踏まえ、仮想通貨市場における直近の値動きと今後の展望をファンダメンタルとテクニカルの両面から独自考察。ビットコイン(BTC)のほか、イーサリアム(ETH)分析も行った。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:45
ロビンフッドのSNS、ハッカーが仮想通貨詐欺に悪用
仮想通貨などの投資アプリを提供する米ロビンフッドは、ツイッターアカウントが乗っ取られた。偽の仮想通貨を売りつけるハッカーの詐欺の手口が明らかになっている。
07:30
テスラ決算でBTC保有継続判明|26日金融短観
本日のニューヨークダウは一時400ドル超下落するも買い戻しが入り反発。仮想通貨市場ではアプトス(APT)が過去最高値をつけている。
01/25 水曜日
18:05
ステーブルコインのガイドライン改正、専門家や弁護士の見解は|CONNECTV・動画解説
今回のCONNECTVでは、JPYC代表の岡部典考氏と弁護士の落合一樹氏をお呼びして、新しく改正されたステーブルコインのガイドラインについて、何を注目しているかを伺った。
16:36
ImmutableXでAAAタイトルのゲーム開発へ
イーサリアムのL2スケーリングソリューションImmutableXは、高品質なMMORPGゲーム「Search for Animera」の開発計画について発表。基本プレイ無料だが、ジェネシスNFTの保有者だけが限定版にアクセスできる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧