海外トレーダー調査、投資上級者ほど仮想通貨テザー(USDT)に明確な需要:Overbit

テザー(USDT)需要

2020年3月17日から31日にかけて、海外の大手仮想通貨取引所Overbitが、日本を含む90カ国2500人以上の仮想通貨(暗号資産)トレーダーに対してオンライン調査を行った。世界中のトレーダーの意見をまとめた同調査内を見ていくと興味深い発見がある。

まず、ほとんどのトレーダーが仮想通貨の「損失」を経験しており、損失要因は個人のミスやハッキングなどの取引所側のミスが上位にランクインした。また、世界のトレーダーが取引所を選択する際に重要視するのは取引所のセキュリティだという。これは調査対象の内、69%のトレーダーが取引所内に資産を残していることからも納得の結果だ。

トレーダーは主に日中にトレードを活発に行う傾向にあり、仮想通貨以外にもFXや仮想通貨デリバティブなど多岐に渡る取引をしているようだ。仮想通貨デリバティブの中でも先物が人気で、62%ほどのトレーダーが先物取引を経験している。

トレーダーは数多くの仮想通貨商品のなかでもこの先物取引に関して最も知見が深いというのが先物人気の一因だそうだ。ただし仮想通貨デリバティブに関する知識が十分ある人のうち意図的に仮想通貨デリバティブから手を引いている者もいるという。

さらにトレーダーのうち、70%以上がテクニカル分析を用いているという。テクニカルとファンダメンタルを組み合わせるトレーダーも一定数存在するが、経験年数の長いトレーダーは1つの分析法に絞る傾向にあるのは興味深い。

また、トレーダーのうち60.5%がトレードの際の決断をソーシャルメディアに影響されていると回答し、中でもツイッター、テレグラム、フェイスブックが上位3つにランクインした。

以上、同調査内で発見された点をまんべんなく列挙していった。以降の本文では特に興味深い調査結果をピックアップして詳しく見ていく。

経験の長さごとに見た仮想通貨の人気銘柄

その調査結果によると、比較的投資歴の長いトレーダーに人気のある仮想通貨の銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に続いてテザー(USDT)が3位にランクインしているそうだ。

一方で、比較的経験年数が短いトレーダー間では、1位2位のビットコインとイーサリアムは変わらず、3位にリップル(XRP)がランクインしている。特に新米トレーダーだとテザーは3位に大きく引き離されて、人気第4位に留まっている。

ここでトレーダーの経験年数によって見られる違いは、銘柄ごとの特徴を生かしたトレードを行っているかどうかだと考えられる。しっかりと利益確定を狙うトレーダーにとって、Tetherの価格の安定性は利用するべきものとの共通認識があるのではないか。中長期の下げ相場において、テザーで保有することで法定通貨に替えなくて済むメリットもある。

経験の長さごとにみた仮想通貨の扱い方の違い

同調査内では、トレーダーに対して仮想通貨の将来性についての質問項目も設けていた。

ここでは保持する仮想通貨のうちトレードに利用する分の割合が調査された。結果として経験の長いトレーダー間では、トレードに利用する仮想通貨が保有する仮想通貨の10%未満を下回る人数は全体の20%に届かなかった。つまり彼らは仮想通貨をあくまでも短期トレードで利益を生み出すために保有していることが明らかになった。

一方で新米トレーダーを見ていくと、トレードに利用する仮想通貨が保有する仮想通貨の10%未満を下回る人数が全体の40%近くまで上っている。そのことから新米トレーダーほど、長期間仮想通貨を続けて保有するいわゆる「ガチホ」が多いことが同調査で判明した。

総括

本記事では、大手取引所が行った調査の結果をもとにトレーダーの経験年数ごとに現れる違いを見ていった。中堅~プロトレーダーの間ではしっかりと短期間で利益を創出する手段として仮想通貨が利用されており、彼らに人気な銘柄はBTC、ETHに続いてUSDTであるという。

つまり、ボラティリティの高い仮想通貨を用いてトレードをするにしても、取引所内で価値の保管を保証するUSDTは重宝される存在なのだと考えられる。

今回取り上げた調査を行った取引所Overbitも、現に新しくUSDTのデポジット機能を追加したという内容のプレスリリースを発表している。この新しい機能により、法定通貨を入金するのではなく、ビットコインまたはTetherを入金できることとなり、よりスピーディーにトレードができるようになった。このことからもやはりTetherの価格の安定性を利用した取引が今後も成長していく可能性が伺える。

ブロックチェーン技術の進歩により日々新しい通貨が作られるようになった。仮想通貨は銘柄ごとにそれぞれ特徴が異なり、それによって異なる利用者をひきつけているが、取引所もそれに合わせてサービスを随時追加している。今後も刻一刻と変化しつづける仮想通貨市場から目が離せない。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用