PayPal特許申請:仮想通貨決済の迅速化を目指している事が発覚

PayPal社が仮想通貨への注目度を高める
近日申請されたPayPal社特許出願内容を確認すると、同社が仮想通貨決済の迅速化に注目していることがわかります。仮想通貨決済に要する時間短縮を、PayPal社独自のウォレットとプライベートキー開発により、可能にする予定です。

PayPal社が仮想通貨決済迅速化に着目

PayPal社の最新の特許出願申請にて、同社が仮想通貨決済の迅速化に注目していることを明らかにしました。

同社が3月1日に発表した米国特許商標局(USPTO)『Expedited Virtual Currency Transaction System(迅速な仮想通貨取引システム)』という申請書では、バイヤーとセラー間でどのようにプライベートキーがスワップされるか詳細に記載されます。

このコンセプトは消費者と導入企業間の決済に要する時間(取引が送信され、その情報がネットワーク上の次のブロックに記載されるまでの待ち時間)短縮が目的です。

PayPal社はこれを実現するために、同社独自のプライベートキーとサブウォレットを作る方法を提案しました。

このシステムは特定の仮想通貨額と等しいプライベートキーを転送します。

書類では以下のように説明されています。

本開示のシステムと方法は実用的に仮想通貨決済の際に要する受取人の認証待ち時間を短縮します

これは取引支払額に等しい初定額に紐づけられたウォレットに含まれる秘密鍵を受取人に転送することによって可能になります。』

2014年よりPayPal社が複数のビットコイン決済プロセッサーとのパートナーシップを結んでいることを踏まえると、今回の書類申請は注目すべきでしょう。

いくつかの報道によると、PayPal社共同設立者のPeter Thiel氏は、彼が共同設立したベンチャーキャピタル企業Founders Fundを利用し大量にビットコインに投資しています。

PayPal Is Seeking Faster Crypto Payments Tech

Mar 5 ,2018 by Nikhilesh De

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加