GMOコイン、国内初となる仮想通貨ポルカドット(DOT)上場へ

国内大手仮想通貨(暗号資産)取引所GMOコインは19日、「販売所」「つみたて暗号資産」にて、ポルカドット (DOT)を取扱開始したことを発表した。

GMOコインは、ポルカドット (DOT)の特徴について、以下のように解説している。

ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らが率いるWeb3 Foundationによって考案されたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またポルカドットのエコシステムで流通するネイティブトークンを「DOT」と言います。

CMC時価総額ランキング8位のポルカドット(DOT)は、20年5月にメインネットをローンチした。Web3.0の普及を目指しながら、相互運用性およびスケーラビリティ向上に取り組むプロジェクトのひとつ。18日には、ギャビン・ウッド氏が今後の展望を発表している。

関連:初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

GMOコインは、東証1部上場企業であるGMOインターネットグループの仮想通貨取引所であり、豊富な金融ノウハウを持つほか、仮想通貨の取扱数は12種類と国内でも豊富に取り揃えていることが特徴。

関連:GMOコインとは 初心者にもおすすめな理由

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します