インド中心の15銀行が新法人設立、貿易ビジネスの信用状(L/C)をブロックチェーンで

インド主要銀行らが新会社を設立

インドの商取引における信用状(LC)デジタル化で、ブロックチェーンを活用したデータ検証の試みが始まる。インドの計15銀行が新たな会社を設立した。インドのエコノミックタイムズ紙が報じた。

信用状とは、貿易において、輸出者に対し書類の提出など一定条件下のもと、銀行が輸出者(販売者)に代金の支払いを確約するもの。販売者は商品の支払いを銀行に確約してもらうため、よりリスクの低い取引ができる。

エコノミックタイムズによると、新会社Banks’ Blockchain Infrastructure Company(IBBIC)は国内信用状のデータの検証を行い、処理する。新会社は1年以内にも開始される定めだという。

これによって、インド国内において紙の請求書による無駄な作業を削減し、業務を効率化する狙いがある。具体的には、4~5日かかる信用状の支払いを4時間に短縮できるとした。

ブロックチェーンの使用によって、信用状の不正も防ぐことが出来ることが期待されるほか、取引時における、代金が回収できない、商品が届かないといったリスクを軽減し、ビジネスを円滑化するために利用される。

スタンダードチャータード銀行も参加

新会社には10の民間銀行だけでなく、4つの公共銀行も参加しているという。また、スタンダードチャータード銀行が外国の銀行として唯一加わっている。

そのほかState Bank of India、Bank of Baroda、Canara Bank and Indian Bank、RBL Bank、ICICI Bank。HDFC Bank、Kotak Mahindra Bank、Axis Bank、IndusInd Bank、Yes Bank、South Indian Bank、Federal Bank、IDFC First Bankなど。

State Bank of Indiaはインド最大の市中銀行(公営銀行)。また、ICICI Bankはインド第二の規模を誇る市中銀行(民間銀行)であり、インドの主要銀行が軒並み参加している。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ネットワーク上にある複数の端末同士を直接接続して、分散的に情報を記録・管理するデータベース(台帳)またはその技術を指す。

▶️仮想通貨用語集

著者:t.tenporin
参考:The Economic Times

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します