仮想通貨は売り手市場?仮想通貨市場の現状と今後

仮想通貨市場の現状
仮想通貨市場は、新興市場として、その成長性やボラティリティから大きな利益を得られるとして注目されていましたが、2017年末の価格の下落より停滞が続いています。
既に投資エコシステムの一部となった仮想通貨
市場の感情によって大きく左右される仮想通貨市場は、ここ数ヶ月で何度も上昇の試みが見られています。そして、すでに投資エコシステムの一部であることからも利益を得るチャンスはいつでも存在していると言えます。
エコシステムとは
複数の企業がパートナーシップを組み、お互いに技術や資本を生かしつつ、商品開発や事業活動などを発展させていく仕組みのことを言います。今回の場合では、仮想通貨市場もすでに金融市場の一員として機能しているという意味が含蓄されています。

仮想通貨市場の現状

仮想通貨は新興市場として台頭し、その急成長性及びボラティリティから、FXや他の投資資産の何倍もの利益を得られるとして注目されていました。

そして、投資家の技量に関わらず多くの投資家達が容易な利益を求め、この新興市場に参入してきました。

彼らの口座にある資産評価額は、仮想通貨価格が急激に上昇していく中、週ごとに目に見えて増えていきました。

しかし、そんな最中、仮想通貨市場の価格暴落が起きてしまったのです。

2017年末に、仮想通貨市場に当初あった熱気や、新規参入者の数が価格を押し上げる要因が不十分となり、結果、多くの仮想通貨トークンの価格が急落しました。

そして、数週間のうちに、仮想通貨市場を牽引してきたビットコインの価格が70%ほど下落するまでに至り、新規参入者達を戦慄させました。

仮想通貨市場は終わりという考えも蔓延り、仮想通貨市場はバブルであり、弾けるのは時間の問題であると主張していた人々がようやく報われた瞬間でもありました。

しかし、一度私達の生活に根付いた仮想通貨のような資産は、金融エコシステムの一部となり、容易に無くなることはありません。

仮想通貨市場の今後

仮想通貨市場において、まず理解しておくべきなのは、この市場が感情によって左右されており、投資家達が将来望む方向に価格が動くという特性です。

この市場には、ファンダメンタル分析もなく、流動性も限られているため、テクニカル分析もほとんど機能しません。

よって、仮想通貨取引所のハッキング被害のようなニュースが出ると、その価格への影響は波紋的に広がってしまうのです。

そして、ここ数ヶ月によく見られる現象として、仮想通貨価格の上昇の勢いが増し、新たな上昇局面に入るかと思われる度に、また下落するというものが挙げられます。

この現象には、共通点があり、多くの場合、その仮想通貨価格の上昇の先陣を切るのがビットコインなのです。

しかし、大抵の場合、ビットコインの高値が更新され、1日ほどで、また同じ水準まで戻ってしまいます。

これは、単にビットコインが、仮想通貨市場において最も認知度のある通貨で、新規参入者が購入するのがビットコインであることが理由として考えられています。

この状況は、売り手市場を示唆していると言えるでしょう。

しかし、この仮想通貨市場に今後の可能性がないとは言えません。

投資家達は、一般の人のように、価格の上昇を見て投資を行うのではなく、価格が下落している際に、割安になった時点で投資を行うのです。

変わらず言えるのは、この仮想通貨市場が、すでに投資エコシステムの一部となっており、いつでも利益を得るチャンスは存在しているということでしょう。

Cryptocurrencies: Is This Now a “Seller’s Market”?

May 17, 2018, Konstantinos Anthis

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加