CoinPostで今最も読まれています

メタバースゲーム業界で急速に存在感強める分散型自律組織(DAO)|Yield Guild Gamesとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

旧Facebook社(Meta)やソフトバンクなど大手企業の巨額出資をきっかけに、21年10月頃から仮想通貨市場でも大きな注目を集める「メタバース(仮想空間)」。22年にかけてさらなる躍進が期待されています。

メタバースを活用したNFTゲームでは、プレイしながら仮想通貨を稼ぐ仕組み(Play-To-Earn)がブロックチェーンゲーム経済圏の基盤となり、楽しむだけでなく有益な投資機会として認識される一方で、初期投資コストが新規参入の障壁となっています。

その環境を打開するために台頭してきた分散型自立組織(DAO)のひとつが「Yield Guild Games(YGG)」です。本記事では、YGGが行なっているNFTレンディングプロジェクトを解説し、YGGの組織構造やエコシステム、独自発行のトークンについても解説します。

目次
  1. Yield Guild Games(YGG)とは?
  2. YGGトークンとは
  3. YGGによるゲームの選定基準とローンチ
  4. YGG内での報酬とガバナンス
  5. 躍進し続ける分散型自立組織「YGG」

1. Yield Guild Games(YGG)とは?

出典:Yield Guild Game

Yield guild gamesは、ブロックチェーンゲームでも関心を集めるDAO(自律分散組織)です。2020年に実施された資金調達では約14億円分のトークンをおよそ30秒で売り切り、需要の高さと市場開拓のポテンシャルを見せました。

YGGが掲げるビジョン

Yield Guild Games(YGG)は分散型自律組織(DAO)であり、ブロックチェーンゲーム分野で一般的に使用されるNFT(非代替性トークン)の投資を専門としています。

YGGは、コミュニティが所有する資産を最大限に活用し、すべてのトークン保有者に報酬を与えることで、最も安定した仮想・ゲーム世界の経済を構築することを目指しています。「The SandBox」や「Axie Infinity」などのブロックチェーンゲームにおいて、YGGはコンテンツの開発やゲームの経済構造を通じて、価値主導の仮想世界を確立することに成功しました。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは

YGGの内部構造

このプロジェクトは、ブロックチェーンゲーム業界全体でNFTの価値を最大化することを目指しており、すでに分散型エコシステム内で大きな影響力を持っています。

Yield Guild Gamesは、スマートコントラクトと、DAOの影響を受けたコンセンサスに大きく依存しており、プラットフォームのガバナンスモデルは、トークン保有者の分散ネットワークの投票システムに基づいて構築。

YGGの主な活動は、主にゲーム内の価格や報酬を得るために競争するPlay-to-Earnゲーマーの活気に満ちたダイナミックな国際的コミュニティの確立が中心です。さらに、プロジェクトの背後にあるチームは、DAOの参加者がメタバース関連のゲームで競争することによってイールドジェネレーションを裁定取引するための研究開発戦略を継続的に調整しています。

関連:DAO(分散型自律組織)の仕組みや将来性とは|Nansen寄稿

YGGが確立する経済圏(エコシステム)

YGGの主な収益源は、会社が所有するNFT資産を販売・レンタルして利益を得ることです。また、ギルドメンバーは、資産をゲーム内の賞品と交換してYGGに直接提供するという、プラットフォーム独自のレンタルイニシアチブの恩恵を受け取れます。

YGGのエコシステムでは、ギルドメンバー以外の方もゲーム内の資産を使って収益を上げられ、プラットフォームが提供する経済的なメリットを享受できます。これらのメリットの中には、ゲーム内資産の価値が常に上昇していることが含まれており、それは自由市場におけるそのゲーム内トークンの価値に反映されています。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

2. YGGトークンとは

Sushiswap、Okex、gate.io、Uniswapに上場しているYGGトークンは、ギルド内で選択されるツールです。このユーティリティー・トークンは、プラットフォームの健全性とそれに関連するすべての業務を担っています。合計で1,000,000,000のYGGトークンが供給されています。

現在のトークンの分配は、5つのステークホルダーに分散されています。

YGGトークンの分配

Treasury(総供給量の13.3%)
Founders(15%)
Advisor(2.0%)
Investors(24.9%)
Community (45%)

シード投資家は、ネットワークの立ち上げ時に割り当ての20%がリリースされ、割り当ての80%は1年間のロックアップ期間が設けられます。その後、ロックアップ期間を超えた1年間は、トークンの権利が直線的に確定します。

YGGの金庫は133,333,334トークンを保有していますが、ロックアップ期間や権利確定条件は特に定められていません。創業メンバーについては、18ヶ月のロックアップ期間があり、トークンは3年間直線的に権利確定します。アドバイザーについては、1年間のロックアップ期間が設けられていますが、2年目にはアドバイザリートークンは12ヶ月間だけ直線的に権利確定します。

3. YGGによるゲームの選定基準とローンチ

出典:Yield Guild Games

ゲームプロジェクトがYGG DAOプロトコルの下に置かれるためには、以下のようなPlay-to-Earn要素が必要です。

・仮想的な土地ベースの経済を得ることができること
・ネイティブトークンを用いた仮想通貨
・プレイヤーがゲーム内で活動することでネイティブ・トークンに報酬を与えるPlay-to-earn機能

しかし、プラットフォームの立ち上げ時には、コミュニティからの支持が高く、業界で大きな花を咲かせる可能性のあるプロジェクトやゲームを中心に選定しました。その中には、Sky Mavis社がリリースした「Axie Infinity」、TSB社が導入した「The Sandbox」、NPlus社が制作した「League of Kingdoms」などがあります。

YGGはすでにかなりのブロックチェーンゲーム・ポートフォリオを構築しており、Play-to-earnゲームへの関与は、今後も拡大予定でいます。

4. YGG内での報酬とガバナンス

出典:Yield Guild Games

YGG DAOでは、コミュニティが投票プロセスに大きな影響を与えます。コミュニティメンバーは、保有者へのトークン報酬分配を決定する権限を保持。また、スマートコントラクトからの報酬を指定の口座に直接受け取ることができるstaking vaultが導入される予定です。

YGGネットワーク内での投票は、技術、製品、プロジェクト、トークンの分配、統治構造の5つの主要分野を中心に行われます。そのため、YGGプロトコル内のギルドメンバーは、プラットフォームのウェブサイトを通じて積極的に提案を送ることが可能。そして、コミュニティが投票を行い、最終的な決定は多数の投票に基づいて分散型システムによって実施されます。

ガバナンストークンとは

ガバナンストークンは、ネットワーク運用や開発についての方針をホルダーによる投票で決定するトークンである。トランザクション数や利用する企業数が増加することでネットワーク価値が上がれば、投票によって影響を与えられることは希少なリソースになる。ネットワークの投票権の価格は、保証するネットワーク価値によって指数関数的に上がる。

▶️仮想通貨用語集

Yield Guild Gamesは、NFTに大きく注力することで、多くの分散型プロジェクトで不足しがちな報酬システムを活性化させようとしています。

YGG内のコミュニティメンバーは、メタバースで資産を所有し、開発が可能。さらに、仮想経済には継続的に価値が与えられており、将来的には現実の経済よりも価値が高くなると予測されているため、参加者は常に仮想環境の中で利益を得て成長できます。

5. 躍進し続ける分散型自立組織「YGG」

2021年現在、YGGのポートフォリオは順調であり、トークンもまたおよそ900円で取引されています。今後のブロックチェーンゲームの発展によってYGGの発展は決められるでしょう。

また、YGGは定期的に新たなブロックチェーンゲームとパートナーシップを締結させており、仮想通貨市場でも大きな期待を集め続けています。NFT市場が拡大するなか、加熱する投機がゲームに向かえばplay-to-earnゲームの利益は増加し、YGGの躍進も促進されるでしょう。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア