VeChainのメインネットが始動、7月中旬にトークンスワップ実施へ

VeChainのメインネットが始動、1:100のトークンスワップ実施へ
6月29日、VeChainのメインネットであるVeChain Thorにおいて、最初のブロックが正常に生成され、メインネットが始動しました。7月中旬には取引所やメインネット上でトークンスワップが行われる予定です。トークンスワップでは、従来の1VENトークンが100VETトークンに交換されます。
VeChainとは
ブロックチェーンの利用で商品の真贋を判定するプラットフォーム。NFCチップを埋め込み、ブロックチェーン技術による照合を行うことで、偽ブランド品を見極めることができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

トークンスワップとは
仮想通貨がメインネットを始動する際に行われるトークンの交換。イーサリアムブロックチェーン上でICOを行なった際に配布したトークンを、プロジェクト専用のブロックチェーン上に移行させる際に行われることが多い。EOS、TRONが主要例。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

VeChainは正式にメインネットワークを開始し、その最初のブロックは正常にマイニングされました。

VeChainのトークンスワップは7月中旬から行われる予定です。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

VeChainのメインネットが始動

VeChainは、コンセンサスアルゴリズムとして、Proof of Authorityを採用しています。

このコンセンサスアルゴリズムは、承認されたバリデーターがブロックをマイニングすることで、他のブロックチェーンと比較してより高速なトランザクションを実現します。

メインネットワークの開始に先立って、VeChainは1つ目のバリデーターを配備しました。

6月29日には、メインネットワークで最初のブロックがマイニングされました。

VeChainの今後のロードマップ

VeChainは6月中旬、ツイッター上でメインネット移行のロードマップを公開しました。

これによると、7月中旬には、VeChainのトークンスワップが開始されます。

トークンスワップでは、イーサリアムネットワーク上の従来のトークンであるVENが、メインネットの上のVETに交換されます。

その後、8月にはVeChainのトークンが台帳に統合されます。

VeChainのトークンスワップに関する情報

トークンスワップでは、従来のVENトークンの保有者がトークンをVeChain Thor(VET)トークンに交換することができます。

トークンスワップは、メインネット上とVENを扱う取引所で行われます。

トークンスワップが完了すると、それまでのネットワーク上にあるVENトークンは利用できなくなります。

VENトークンを取引所に預けている場合には、自動的にトークンスワップが行われ、VETトークンに交換されます。

VENとVETの交換レート

トークンスワップによって1VENトークンは100VETトークンと交換されます。

VeChain財団は、1VENトークンを100分割した理由をツイッター上で説明しています。

現在のレートでは、スマートペイメントにおいてトークン数が小数点を用いて計算される懸念があります。

この懸念を払拭するため、メインネットローンチの際のトークンスワップにおいて、1:100の分割を行うことにしました。

CoinPostの関連記事

仮想通貨Vechain(VEN)とは|今後の将来性について
仮想通貨Vechainとは、「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができるプラットフォームの通貨です。
トロンがメインネット移行、7/30公開予定のVirtual Machineで極秘プロジェクトの公開を示唆
仮想通貨トロン(TRON)の創業者は「ブロックチェーン業界をR&D分野だけではなく、顧客体験を元に牽引したい」と言及。7月30日に実装予定のVirtual Machine(TVM)では、極秘プロジェクトの公開を示唆している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用