バイナンスラボ、PancakeSwapに戦略的出資

CAKEトークンを購入

バイナンスのVC部門「バイナンスラボ」は6日、大手DEX(分散型取引所)PancakeSwapに戦略的出資を行なったことを発表した。

出資はガバナンストークンCAKEの購入によるもので、出資額は明かされていない。

バイナンスラボのBill Qian責任者は声明で「PancakeSwapは、BNBチェーン開発と普及をリードしてきた。最も広く使われているdAppsの1つであり、BNBチェーン上で最も高いTVLを持つDeFiプロジェクトであることから、我々はこれまでも、そしてこれからも、このプロジェクトに対して強いサポートを提供し続ける」と述べている。

PancakeSwapは2020年9月にローンチしたBNBチェーン上の最大手DEX。日間ユーザー数40万超で、運用資産総額(TVL)は約5,000億円に達している。

なお、PancakeSwapは5月にガバナンス投票により、CAKEトークンの発行量の上限を7億5,000万CAKEに設定することにした。CAKEはこれまで、流動性提供にインセンティブを設置し続けることを重視して、発行量に上限を設けていなかったが、CAKEの価値とコミュニティの持続可能性をより良く反映するために、トークン設計の見直しを図った形だ。

関連PancakeSwap、CAKEトークンのユーティリティ強化を図る

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します