ビットコイン約10日で3.5兆円の市場規模拡大、市場内関心がGoogleトレンドに反映か|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコイン(BTC)価格はレジスタンスラインをブレイクして、89万円付近まで到達するなど大幅続伸。続落する主要アルトの資金を吸収するようにして逆行高となるなど、アルトドレインの様相を呈している。なお、Googleトレンドでは「ビットコインETF」が急上昇中。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は24日、連日継続するビットコインの上昇相場が本日も継続し、USD建で8,000ドルラインの節目まで到達。17時半時点では、24時間比で3.7%のプラスを維持しています。

これで7月の安値6,180ドルからは+30%の上昇幅となり、ドミナンスも安定した右肩上がりの傾向を維持して50%目前となっています。

時価総額の上昇も著しく、7月最低値となる13日の1055億USDから本日記録した1374億USDまで、BTC時価総額は319億USD増加、日本円換算で3兆5500億円も規模を拡大させました。

一方で、アルトコイン市場は、ビットコイン高騰とは対照的な動きをしており、一部トレーダー間で「アルトドレイン」と名付けられるほど、BTCとアルトコインの変動率に乖離が生じています。

このように、アルトコインの投資資金を吸い上げて成長を続けている状況は、基本的な価格を比較する時価総額サイトの仕組みからも推測することができます。

基本的に仮想通貨、特にアルトコインの取引は、現在でこそUSDT建が増えたものの、多くの取引はBTC建で行われており、時価総額サイトによってはビットコインに現在のBTC/ALTの取引価格を掛け合わして価格算出していると言われています。

この仕組み上、基本的に時価総額サイト上でフィアット建価格を見た場合、ビットコインの価格変動に合わせて、他のアルトコインも同様の変動率で動く形となり、基本的に連動した値動きになることが多々あります。

しかしここ数日の動きでは、ビットコインがプラスに転じている一方で、アルトコインの下落率が目立つなど、価格変動に異なる動きが見られています。

ここから考えられる点は、今回の高騰はBTCへの新規資金の流入ではなく、市場内資金の移動でビットコインに替える動きが顕著になり始めているということが言えるでしょう。

最注目のビットコインETF

連日仮想通貨メディアを中心に、ビットコイン価格上昇の要因とされている「ビットコインETF」ですが、市場の関心先の変化を見る指標の一つ、Googleトレンドにも変化が表れています。

Googleトレンドは、キーワード別に大まかな検索キーワードの推移が確認できる機能です。

このGoogleトレンドにて、2つのキーワード「Bitcoin」と「Bitcoin ETF」を検索すると、検索数こそ違いがあるものの、Bitcoinで検索する人は続落傾向にある中で、Bitcoin ETFの検索数が再度大きく上昇に転じ、市場内関心の高まりが伺える状況に。

Bitcoinの検索数 出典:Googleトレンド

Bitcoin ETFの検索数 出典:Googleトレンド

一方で、一般的なキーワードBitcoinは、未だ新規流入が乏しい状況が、Googleトレンドの下落傾向に表れているといっても過言ではないでしょう。

TheICOJournalの報道で判明した、SEC、CFTCの関係者によるビットコインETFに関する前向きな見解も踏まえ、8/10以降の候補日に向けてさらに関心が高まっていくものと思われます。

CoinPostの関連記事

規制当局SECとCFTC関係者が、ビットコインETF認可の可能性を示唆|TheICOJournalが報道
仮想通貨情報メディアTheICOJournalが、SEC、CFTCの情報筋の見解として、Cboeが提出した「ビットコインETF」が年内実現の見通しであると報道した。申請の可否は世界各国から高い関心と期待を集めている。
eToro分析家、ビットコイン史上最大の上昇相場の可能性を示唆
ビットコイン価格はアルトコインを置き去りにした単独での上昇が目立ち、現時点で、約86万円で取引されている。eToroのシニア市場アナリストのGreenspan氏は、今回の相場に関して「過去最大の上昇相場の幕開けか」と言及し、注目を集めている。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

本日の株式市場は、日経平均株価が113円高と比較的堅調だったことに加え、マザーズ指数が1.73%高となったことで、買い戻しが目立つ形となりました。

また、仮想通貨市場の基軸通貨である「ビットコイン(BTC)」価格が数ヶ月ぶりにレジスタンスラインをブレイクするなど、直近で大幅上昇を見せていることが仮想通貨(ブロックチェーン)関連株に好影響を与えており、トレンド転換の期待からほぼ全面高となりました。

仮想通貨交換事業者への業務改善命令に関する「業務改善計画」の提出日が昨日であったことで、登録審査再開の思惑でマネックスグループ(8698)が5.13%高。

ブロックチェーン事業に本腰を入れるグノシー(6047)も、5.42%高の1,924円と価格を続伸させており、今年1月上旬に記録した年初来高値3,585円から年初来安値1,294円の大幅下落をどこまで戻せるか注目です。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
業務改善命令の期限が本日まで|17日には金融庁の新体制、仮想通貨に関する自民党の議員連盟が発足
大手取引所6社への業務改善命令(業務改善計画)の提出期限を迎えた本日。直近17日には、金融庁の新体制と仮想通貨に関する自民党の議員連盟が発足しており、申請待ち取引所の審査再開や、市場期待度の高いビットコインETFの受け入れ体制など、進展が期待される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加