CoinPostで今最も読まれています

UBER共同創設者が「取引手数料無料」の仮想通貨取引プラットフォームを発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

取引手数料無料の仮想通貨取引プラットフォーム
米NYのVoyager Degital社は、BTCやETHなど15以上の仮想通貨を「手数料無料」で取引できるモバイルアプリの提供計画を発表した。株式取引アプリ大手の米Robinhoodと競合する可能性がある。
Uberとは
米ウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車アプリ。日本での知名度はあまり高くないが、世界70カ国・地域の450都市以上で展開するなど世界最大級の配車サービスとして知られる。

取引手数料無料の仮想通貨取引プラットフォーム

米ニューヨークを拠点とするVoyager Degital社は7月25日、BTCやETHをはじめとする15以上の仮想通貨を、手数料無料で取引できるモバイルアプリの提供計画を発表しました。 アプリは今年、第4四半期に公開される予定です。

Voyager社は、2017年に設立されたスタートアップですが、アメリカのブローカー・ディーラーライセンスを有する暗号資産仲介業者で、自動車配車大手のウーバーの基本技術を構築。CTOを務めたOscar Salazar氏、オンライン取引老舗の金融サービス会社、E*Trade社のCEOを務めた金融業界のベテラン、Stephen Ehrlich氏が創設者として名を連ねています。

ウォール街(金融)とシリコンバレー(テクノロジー)両方での豊富な経験を持つチームが、「全ての投資家に、仮想通貨取引のための信用できる安全なアクセスポイントを提供する」ことを社命に掲げています。

Ehrlich氏は、仮想通貨が社会に大きな影響を与える新しい資産クラスとなり、新世代の投資家に大きな力を与えることになるとの信念から、同じビジョンを共有する仲間とVoyager社を設立したと述べています。

仮想通貨アプリとビジネスモデル

Voyager社のアプリは、12以上の仮想通貨取引所からの価格情報を集約する機能を持ち、ユーザーがその中の最良の価格を選んで、ビットコインや他の仮想通貨を取引することを可能にします。

具体的には、10の取引所及び、3つの国外を含むマーケットメーカーに、同時に接続してその価格を表示することで、Voyager社は、CoinbaseやBinanceのような単独の取引所よりも安い価格で、購入と売り注文を一貫して実行することができるような、アプリを提供するとしています。

Voyager社CEOのStephen Ehrlich氏は、「特定の取引所で取引を行う際、流動性が十分でない場合がある」と、現在の取引所の持つ問題点についての認識を述べ、長年のオンライン証券取引の経験から、1年前に出会った仮想通貨市場に、伝統的株式市場の経験をもたらすことが、チャンスにつながると捉えているようです。

「私たちは、(仮想通貨)市場の特性を活かし、顧客から手数料を取らない、スマート・オーダー・ルータを構築することにチャンスを見出した。」

取引所の最大の収益源とも言える取引手数料の代わりに、Voyager社は、「取引を実行する時点でのコインの平均価格を上回ることで、収益の差を補う」ビジネスモデルを構築し、取引手数料を無料にすることで、すでにアメリカでビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の手数料無料取引を提供している株式取引アプリ大手のRobinhoodをライバルとして目標に据えているようです。

アプリの特長

技術面でVoyager社を支えるOscar Salazar氏は、「私たちのゴールは、ユーザーに信用される業者となり、ユーザーにとって仮想通貨という新しい世界のガイド役になることだ。」

と述べていますが、そのゴールの実現のために、Voyager社のアプリは、次のような特長を備える予定です。

  • 口座の即座開設 法定通貨と仮想通貨による、最低額設定なしの入金
  • 最も普及しているデジタル資産のうち、15以上にアクセス可能
  • 市況に応じた最適な交換の組み合わせによる、スマートオーダールーティング
  • 有利な価格設定と、手数料なしでの高速な法定通貨ーコイン取引、コイン同士の取引
  • ニュース、SNSフィード、アラートを使用してユーザーと市場をつなぐ
  • 使いやすいインターフェイスと高度なツールによる取引、アイデアの研究、投資の追跡
  • チャットと電話による、24時間年中無休の業界最高クラスのカスタマーサービス

Voyager社のアプリは、現在、ベータ版のテストフェーズに入っており、10月末までに、現在認可済みのカリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州とモンタナ州で公開予定ですが、ライセンス取得申請中の他の40州以上にも徐々にサービスを拡大していく予定です。

新しい強力な参入者により、仮想通貨業界内の競争を高め、仮想通貨取引所の進化をリードすることが、既存の金融システムの手強いライバルとして成長することにつながると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

最大級の米株式アプリ「Robinhood」が仮想通貨価格上昇の要因となるか
ビットコインをはじめとする「仮想通貨の暴落」が止まらない中、アメリカ最大規模の株式アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、2月末までにビットコインやイーサリアムの取引開始を準備中。早くも100万人を超える事前登録数を記録しています。
NASA、Uberとブロックチェーンのベンチャー企業の共通点
UberとNASAは空飛ぶタクシーのパイロット事業開発を共同で開始すると表明し、このサービスは、UberXと同程度の基本運賃と予想されており、乗客の通勤通学や旅行の新しいエコシステムを作り出します。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア