米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆

米国のブロックチェーン投資額
世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。

米国のブロックチェーン投資額

世界四大会計事務所の一つであるKPMGは7月31日、フィンテック業界の注目すべき活動や市場動向を分析した最新レポートを公開しましたが、その中で、アメリカにおける2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計を上回っていることが明らかになりました。

このレポートは、半年に一度公開されているもので、フィンテック市場のグローバルなトレンド概観とともに、世界のフィンテック主要市場の注視すべき取り組みや動向をまとめています。

身近なところでは、ネットバンキング、クラウド家計簿やスマホ決済、そして仮想通貨取引アプリなどもフィンテックの範疇ですが、融資分野や資産管理を含む伝統的金融機関が提供してきた金融サービスのほとんどの分野で、その適応領域を拡大してきており、新しい金融システムとして独自のエコシステムを構築しています。

そのように私たちの生活の中に、浸透してきているフィンテック業界の中でも、ブロックチェーン技術が投資家から大きな注目を集めていることが、レポートの中で明らかにされています。

ブロックチェーンの実用化へ

レポートによると、ブロックチェーンは実験的段階から、実用化に向けて進んでおり、特にブロックチェーン分野で実績を積んでいる企業に対する「追加ラウンドの資金調達」が活発であったと説明しています。

その代表的な例として、P2P決済会社のCircle Internet Finance社、企業向けブロックチェーン開発コンソーシアムのR3(ともに米国)、そして、仮想通貨ハードウェアウォレットのLedger社(フランス)をあげています。

Circle社は、仮想通貨マイニング大手のBitmainが主体となった1.1億ドル(約122億円)の資金調達ラウンドを終え、SBIホールディングスが提携するR3は、1.7億ドル(約188億円)の資金調達に成功しています。

そして、この2社に対する巨額の投資は、アメリカで今年上半期のブロックチェーン投資額が、去年の総額を超えることに貢献し、アメリカでのブロックチェーン投資が活況を呈している現状を説明しています。 

また、中国政府による禁止令にも関わらず、ICOは引き続き世界的な関心を集め、ケイマン諸島に拠点を置く、EOSエコシステム開発を行った、Block.oneは、40億ドル(4440億円)の資金調達に成功したことを指摘しています。

レポートでは、ブロックチェーン投資の急速な成長の要因として、記録の保管、トランザクションの登録、情報の文書化管理からサプライチェーンの管理までも可能にする、ブロックチェーン技術の広範囲にわたる適用性をあげています。 

これまで主に、銀行などの金融機関や保険業への導入が注目されてきましたが、ブロックチェーン技術は、アメリカをはじめ、グローバルにビジネスを展開する多くの企業にとって多くのチャンスを創出し、その事業のプロセスを強化することができるとその可能性を大きく評価しています。

その顕著な例として、R3が、そのサポートの領域を保険業界まで広げる一方で、ブロックチェーン技術によるサプライチェーン管理支援に特化したコンソーシアムが次々に立ち上がってきていることにも言及しています。 

とてつもない成長の予兆

KPMGアメリカの金融サービス、デジタル&フィンテック部門を率いるSafwan Zaheer氏は、レポートで次のように述べています。

投資の機会よりも、ベンチャーキャピタル投資の流れの方が大きくなっている。それは、このスペースでのとてつもない成長の予兆を意味する。 

ブロックチェーンへの投資は、2017年に比べ、2018年上半期に倍増した。 ブロックチェーンは銀行業を一変させる可能性を秘めており、もし、今日、銀行システムが書き換えられるとしたら、それはブロックチェーンに基づくものとなるだろう。

レポートでは、他にも、イギリスに拠点を置き、昨年12月に仮想通貨での取引オプションを追加したチャレンジャー銀行(注1)である、Revoltや、取引手数料無料で、仮想通貨取引プラットフォームも提供している米株式投資アプリ、Robinhoodへの巨額の資金調達が注目されることにも言及しています。

(注1)イギリスにおいて大手銀行と競合する目的で設立された、新興の小規模銀行のこと

2018年上半期の世界全体でのフィンテック企業に対する投資総額は、579億ドル(6兆4269億円)でしたが、その中でもブロックチェーン関連への投資が、大きく伸びていることを示唆するとともに、アジアでの大きな投資の関心度にも言及、今後もAIへの投資と並んで、その勢いは衰えないだろうと、レポートでは述べられています。

CoinPostの関連記事

SBI北尾代表:コンソーシアムを率いるR3社との合弁会社設立を提案
3月7日(水)に東京で行われたCordaCon Tokyo 2018で、SBIグループの北尾代表が、米国のFinTech企業であるR3社に対して、合弁会社の設立を提案しました。
Googleがブロックチェーン企業2社と提携:Cloud上でブロックチェーンフレームワークを提供へ
世界的に有名なGoogleが、Digital Asset社および、Block Apps社という2社のブロックチェーン企業と提携を結び、自社サービスGoogle Cloud上でブロックチェーンフレームワークを提供することを発表した。サンフランシスコで開始されたGoogle Cloud Next 2018年会議も開催され、関心の高まりが伺える。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加