勢いが止まらない仮想通貨取引所バイナンス:4%のスタッフ数でNASDAQと同等レベルの利益を記録

仮想通貨取引所BinanceがNASDAQの96%の利益を記録
ベンチャーファンド企業DHVCによると、第一四半期の利益で、取引高世界一を誇るバイナンス(Binance)は世界的な証券取引所Nasdaqの25分の1のスタッフ数で肩を並べた。

4%のスタッフ数で2億ドルの利益

ベンチャーファンド企業DHVCの社長Dovey Wan氏の公式ツイッターによれば、取引所Binanceは今年の第一四半期でNasdaqによる2億9百万ドルに対し、2億ドルの利益を出したと掲載されています。

Nasdaqの4500名のスタッフに対し、Binanceはその4%、約200名のスタッフだけで、Nasdaqの約96%の利益を達成することが出来ました。

また、Binanceコミュニティ内で同じ期間内で、BinanceはDeutsche銀行のスタッフの0.2%で、その利益を約5千万ドル上回ったとされていますが、Wan氏は、「もし取引所VS銀行という対決が不公平だとしたら、Nasdaqとの比較は納得だろう」と指摘しました。

フォロワーの一人は、「Nasdaqと比較するのも100%公平なわけではないが。。。45年後のBinanceが楽しみだ」と言い、Wan氏は、法的規制のコンプライアンスに相違点はあると認め、Binanceのビジネス戦略を注視しているようです。

更に、Binanceの代表を務めるCZ氏は、「戦略を練るのは単純だが、どのように実行するのが最も大事なところ」と、軽快にコメントしました。

批判が止まないバイナンス

取引所ランキングの王者の座に座っているとは言え、Binanceは今まで、様々な批判を受けてきました。

今月波紋を呼んでいたBinanceに上場するには400BTCの料金がかかるという噂に対して、代表のCZ氏は以下のツイートを投稿しました。

「我々は、400BTCか、4000BTCを支払われるとしても草コインは上場させない。しかも、ETHやXRPやその他多くの通貨は無料で上場した。」と、疑いをツイッター上で否定しました。

また上場申し込み書の内容から、必ずしも無料で上場させるわけではなさそうですが、上場するためにはプロジェクトに専念すべきと上場の秘訣を明かしました。

さらに、今月ブロックチェーンデータ研究者グループBTIが34の取引所の取引高を厳密に調査した結果、以前から言われていたBinanceにおける日々の出来高偽装疑惑は払拭され、堂々と世界一取引量を持ち、信頼が置ける取引所とされています。

業務拡大も世界中に展開

2週間前、Binanceは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタインの仮想通貨取引所の「LCX(Liechtenstein Cryptoassets Exchange)」と提携を発表しました。

Binance LCXは、初めにスイスフラン(CHF)とユーロ(EUR)の間で仮想通貨取引を提供し、規制当局の認可を取得した後、ペアを増やしていく予定ということです。

また30日、Binanceを含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行った、eコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。

この出資について、Binance Labsの責任者を務めるElla Zhang氏は、

過去に様々なステーブルコインが作られたが、Terraの場合は、TMON社が持つ「消費者向け戦略」に基づいて、独自の『価格安定プロトコル』を構築しようとしていることが既存のステーブルコインに差を付けているポイントである。

と言及しました。

良くも悪くも注目を集める大手仮想通貨取引所のBinance。

今後もどのように仮想通貨業界をリードしていくのか注目すべきと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

価格変動しない仮想通貨にバイナンスやフォビが出資|保有者への手数料還元も
Binance(バイナンス)を含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行う、新しいeコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。
仮想通貨取引所バイナンス:ヨーロッパに法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立
業界最大手の取引所バイナンスは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタイン公国で、法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立すると発表した。仮想通貨を欧州で普及させるための足掛かりとなる可能性がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら