CoinPostで今最も読まれています

米金融機関の経営危機でビットコイン大幅続落、苦境続くか|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(3/4(土)〜3/10(金))の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

3/4(土)〜3/10(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、300万円台中盤での揉み合いが続いていたが、週央を境に上値を重くし、足元(10日正午時点)では2万ドル水準となる275万円まで安値を広げている。

前週のBTC相場は、シルバーゲート銀行の経営存続への懸念からパートナー企業の提携解消が相次ぎ、シルバーゲート・キャピタル(SI)の株価暴落に連れて320万円を割り込んでいたが、BTC対ドル相場が1月18日安値と2月13日安値を基点とする上昇トレンドラインで下げ止まり(第2図)、今週のBTC対円は305万円周辺での取引で初めった。

当初は、7日から8日にかけてのパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の上下両院での議会証言を控え様子見ムードが広がっていたが、議会証言初日の発言内容が想定以上にタカ派的だったことで、BTC対ドルはトレンドラインを僅かに下回った。

一方、証言を機に市場は3月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅拡大を急速に織り込み、米国債利回りが急上昇。外国為替市場ではドル高円安が進行し、BTCの対円相場は乱高下の末、元の水準に戻した。

一方、BTC対ドル相場がトレンドラインを割り込んだことで、週央からはやや上値の重い展開となると、シルバーゲート・キャピタルが銀行業務閉鎖と資産の任意精算を発表し、株価が再び急落。BTC相場はまたも連れ安となり300万円を割り込むと、9日米時間には、シリコンバレー銀行(SIVB)が預金額減少を背景に株式売却を発表。こうした金融機関の経営難が波及する可能性が嫌気され、この日の米株市場は銀行株主導で軟化し、BTC相場も上値を重くした。

さらに、この日発表された米バイデン大統領の2024年予算案には、マイニングに使用される電力への課税や、暗号資産(仮想通貨)をウォッシュセール規則の対象とすることが示された他、N Y司法長官が、KuCoinを未登録の証券・商品ブローカーの疑いで提訴し、訴状でETHを証券であると指摘したことで、市場全体が軟化しBTC相場は安値を広げた。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

【第2図:BTC対ドルチャートとトレンドライン(日足)】出所:Glassnodeより作成

先週、BTC対ドル相場は昨年11月高値周辺で一旦は下げ止まるかと指摘したが、木曜に悪材料が重なり、同水準のサポートはいとも簡単に陥落した。足元では、相場は心理的節目の2万ドルを挟み込み揉み合いを演じている(第3図)。

また、今週のパウエルFRB議長の議会証言はサプライズだった。「ディスインフレの工程が始まったと初めて言える」と前回のFOMC後の記者会見で発言していたが、今週はインフレ指標のコアとなる項目に「ディスインフレのサインは殆ど見られない」とスタンスをこの短期間で一転させた。

ただ、その影響で、3月での利上げ幅拡大織り込みが進んだほか、金利の最終到達点の大勢の予想も引き上がったことも事実で、雇用統計でのある程度のサプライズに市場は耐えられるか。

また、相場は木曜日の下落で日足RSIが30%を割り込み過熱感が確認される他、1月のCMEBTC先物相場にできたギャップの窓埋めも達成しており、雇用統計通過後は一時的な自律反発の余地もあると見ている。

【第3図:BTC対ドルチャート(日足)】出所:Glassnodeより作成

さて、苦境が続くBTC相場だが、来週も2月の米消費者物価指数(CPI、14日)に生産者物価指数(PPI、15日)と、3月FOMCでの利上げ幅のヒントとなり得る材料が待ち構えている。

先週も指摘の通り2月のインフレ指標は引き続き物価上昇圧力の粘着性を示唆する公算が高いと指摘され、BTC相場には厳しい状況がまだまだ続くか。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:シルバーゲート問題などでビットコイン急落、警戒ムードで厳しい市況続くか

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア