CoinPostで今最も読まれています

シルバーゲート問題などでビットコイン急落、警戒ムードで厳しい市況続くか|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(2/25(土)〜3/3(金))の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

2/25(土)〜3/3(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は320万円を挟み込み揉み合いが木曜日まで続いたが、3日東京時間に一段安を演じ310万円を2月16日ぶりに割り込んだ。

3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅を巡り懸念が燻る中、今週は米国債利回りが上昇した一方、米住宅価格指数の伸び鈍化や消費者信頼感の低下、さらには中国のPMI大幅改善に相場が支えられたBTCだったが、ドル建てで節目2.4万ドルにワンタッチすると失速。

週央に米共有管理協会(ISM)が発表した製造業の動向レポートでは、PMIがわずかに改善し、インフレの先行指標ともされる支払価格指数が上昇傾向の基準となる50を上回り上値を重くした。

一方、暗号資産(仮想通貨)事業に注力する米国のシルバーゲート銀行(SI)が、規制対応を背景に米証券取引委員会(SEC)への年次報告書提出の延期を発表し、同社の株価が時間外取引で急落する中、BTC相場は2月中旬の上昇の半値押し水準で反発した。

木曜日には、ボスティック・アトランタ地区連銀総裁が、3月の25ベーシスポイント(bp)利上げを支持し、夏までに利上げを停止できると発言し、BTCは持ち直したが、ギャラクシー・デジタル、パクソス、コインベース、クリプト・ドット・コム、ジェミナイといった主要な仮想通貨関連事業者がシルバーゲートとの取引を停止するとの発表が続く中、金曜東京時間に相場はロングの投げを伴い急落した。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

シルバーゲート銀行は仮想通貨関連企業の預金を受け入れていたことで知られており、一連の提携解消で経営存続が懸念され始めた。シルバーゲートのような金融機関は、仮想通貨の交換業者が顧客の法定通貨受け入れ・引き出し業務を行うのに不可欠な役割を果たしている他、FTXショック以降懸念される既存金融機関と交換業者の隔たりを大きくする可能性も懸念され、業界にとってもネガティブな流れだ。

BTC相場にとって不安材料は市場の外にも顕在する。木曜日のボスティック総裁の発言で米株市場は反転したが、実際に3月の利上げ幅を巡る市場の懸念が後退し続けるかはこの先の経済指標次第だ。

今週は住宅価格指数の伸び鈍化が確認された一方、ISMの製造業支払価格指数は4ヶ月ぶりに上昇傾向に転じた。同指標は1月時点で12月から上昇しており、他のインフレ指標の伸び鈍化を予兆していたようにも見え、この先の消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)の結果が危ぶまれる。

また、本日はISMサービス業動向レポートも公開され、従前から指摘されているサービス業のインフレが2月も強めに出れば、リスク資産には向かい風となろう。

BTC相場は既に9月高値を割り込み、2月中旬の相場上昇から全値押し水準となる21,366ドルや11月高値の21,478ドルを試す展開が視野に入る(第2図)。同水準では一旦相場がサポートされると見ているが、来週は米雇用統計が発表される週でもあり、警戒ムードから厳しい市況が続くか。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】出所:Glassnodeより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン高値圏維持失敗だと全値押しシナリオにも注意

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/28 火曜日
17:09
仕組み債発行のDeFi「Cega」、イーサリアム展開へ
仕組債のスマートコントラクト化に取り組むCega Genesis Corporationは、約7億円の追加調達が完了したことを発表した。Cegaは来週にもイーサリアムへの展開を開始し、レバレッジド・オプションを含む新たな製品ラインナップの拡大を加速する。
14:26
パリ「バーガーキング」、仮想通貨決済対応の充電端末を設置
パリの「バーガーキング」が仮想通貨決済を受け入れる電子機器充電端末「Instpower」を店舗に設置したことが明らかになった。Instpowerは大手仮想通貨取引所バイナンスのBinance Payで使用できる。
12:41
アリババクラウド、渋谷にゲーム開発者向け「ブロックチェーン・ラボ」新設へ
アリババグループ傘下のアリババクラウドは、Web3時代に向け日本のゲーム開発者支援のため、東京渋谷にブロックチェーン・ラボを立ち上げると発表した。ゲーム・VRコンテンツ開発会社のSkeleton Crew Studioと提携し、4月に開設する予定。
12:35
三菱UFJ信託銀行ら、国内発行ステーブルコインの相互運用に備えた技術連携を開始
ステーブルコインの相互運用 三菱UFJ信託銀行株式会社は28日、国内で発行が予定される多様なステーブルコイン間の滑らかな相互移転・交換の実現に向け、株式会社Datachainと…
12:00
メイカーダオ、DAO分割へ前進
DeFi大手Makerプロトコルを管理する分散型自律組織「MakerDAO」は、改善提案が仮想通貨メイカー保有者による投票で可決したことを発表した。将来のビジョン「Endgame Plan」を実現するための基盤となる組織構成や枠組みで構成される。
11:57
CFTCのバイナンス提訴で仮想通貨売り優勢、リップル裁判の思惑めぐりXRPは逆行高
米商品先物取引委員会(CFTC)によるバイナンス提訴を受けBNBを中心に暗号資産(仮想通貨)が下落した。一方、SECとのリップル裁判をめぐりRipple新CEOや弁護士発言を受け前向きな決着期待が台頭、XRPが逆行高している。
11:50
グッチ、YugaLabsと複数年のパートナーシップ締結
高級ファッションブランドのグッチは、NFT開発スタジオYuga Labsとの複数年に渡るパートナーシップを発表。メタバースゲーム「Otherside」にも参加する計画だ。
11:32
バイナンス、ステーブルコインTUSDの通貨ペアを増やす
BUSDの代替手段 バイナンスはステーブルコインTUSDの通貨ペアを増やす予定だ。 LDO/TUSD、MATIC/TUSD、OP/TUSD、SOL/TUSD、SSV/TUSD、…
11:30
KDDI、Oasysバリデータに参画 ゲームやエンタメ分野で提携へ
KDDI株式会社は28日、国内発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のバリデータとして参加すると発表した。
11:00
欧州理事会、スマートコントラクトを制限する可能性のある法案に合意
EU理事会は、データ法に基づく法案に合意。データの公正利用などに関する規則だが、仮想通貨のスマートコントラクトにも影響を与えるのではないかと懸念されている。
10:25
Polygon zkEVM、メインネットのベータ版をローンチ
Polygon Labsは、仮想通貨イーサリアムのスケーリングソリューションPolygon zkEVMのメインネットのベータ版をローンチしたと発表。特徴や今後の計画について説明している。
10:05
米コインベース、Flareトークン(FLR)上場候補に
米コインベースは28日、暗号資産FLR(Flareトークン)を上場ロードマップに加えたことを発表した。
08:30
米CFTC、バイナンスとCZ氏を告訴
米CFTCは、仮想通貨取引所バイナンスと同社のCZ氏らを提訴したと発表。バイナンス本体が米国法に違反したとし、提訴した具体的な理由を説明している。
08:10
米マイクロストラテジー、約200億円分のビットコインを買い増し
米ビジネスインテリジェンス企業「マイクロストラテジー」は27日、1.5億ドル(約200億円)相当のビットコインを購入したことを発表した。
07:25
金融不安一服で銀行株に買い戻し ナスダックは反落|28日
本日のNYダウは銀行株の買い戻しに支えられて続伸し+194ドルで取引を終えた。CFTCによるバイナンスの告訴は仮想通貨の下げ材料となった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア