米仮想通貨関連企業:ワシントンの国会議員など政策担当者への「ロビー活動」を計画

米仮想通貨企業がロビー活動組織を発足へ
米国でも、仮想通貨分野の法整備がより強く求められる状況にある中、大手仮想通貨関連企業によって構成されるロビー活動のための組織を発足する計画が持ち上がっている。

米仮想通貨企業がロビー活動組織を発足へ

米国でも、仮想通貨に関するルール作りが整っておらず、法整備を進めたいという声が度々上がっています。

そこで、複数のブロックチェーンファンドや仮想通貨取引所、スタートアップが新しいブロックチェーン協会を発足し、ワシントンの立法者へのロビー活動をする計画を始めました。

ワシントンポストの火曜日の報道によると、この新しい組織は、仮想通貨関連スタートアップと立法者の関係を正常化する取り組みの一環として、教育と法改正に焦点を当てています。この組織にはCoinbase、Circle、 Digital Currency Group、Polychain Capital、Protocol Labsが含まれます。

この組織の最初の社員の一人は、前上院議員補佐官でありOverstock.comのブロックチェーン・ロビイストのクリスティン・スミスです。彼女はワシントンポストに、「この分野の基礎的な教育活動に多くの時間を割いてきている。これら問題に大変関心を抱いている」と発言し、発足すると同時にこの組織をガイドしていく旨を伝えました。

さらにPoliticoによると、Protocol Labsの顧問弁護士Marvin Ammori氏とHangarの設立者Josh Mendelsohn氏がこの協会のアドバイザーになる予定です。

Coinbaseのリーガルリスク・チーフオフィサーMike Lempres氏はこの協会は、会社を組織し共に正当な規制を主唱していくとワシントンポストに伝えました。

このブロックチェーン協会は優秀な企業を一緒に集める努力をしており、それにより政策担当者に、我々企業は合理的な規制に関しては歓迎している姿勢を示すことができる。我々は自身の利益のために制度整備の主導権を握りたいのではなく、長く耐えうる法整備の発展に尽力している

 ブロックチェーン協会は、特に仮想通貨取引所やスタートアップに関する税金やどのように顧客確認、アンチマネーロンダリングのルール作りをするのかという点に焦点を絞るだろう、とレポートは伝えています。

Coin Centerの常任理事Jerry Brito氏は、ワシントンポストに、政策担当者はこの組織の発足に好感を示していると語っています。

また、cryptocurrency spaceによると、同氏は「組織側と立法者の双方が同意することに関して主唱する声がもっとあがるのは良いことだ」とも発言しています。

参考記事:Major Crypto Companies Form DC Lobbying Group

Get ready for Big Bitcoin: Cryptocurrency industry opens a D.C. lobbying arm

CoinPostの関連記事

仮想通貨大手企業Circle社:米国土安全保障省の元法律顧問をCLOに任命
今年2月、大手取引所Poloniexを買収したCircle社は、米国土安全保障省の元法律顧問を最高法務責任者(CLO)として招き入れたことを明かした。同業界における法務専門家の需要は、急速に高まっている。
ビットコインは違法ではない|法律面のよくある質問集
仮想通貨やビットコインの法律の観点からよくある質問に回答しました。仮想通貨やビットコインは違法なのか?証券会社に勤務している方(証券外務員の方)は購入できるのか?といった事から、改正資金決済法が定める仮想通貨の定義について触れています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら